fx
曲がっている
曲がる止まれ
ここまでカーブする『止まれ』は珍しい。
こういう時、どうするのかな?道に合わせて中央を出して、角度を算出して一文字ずつ書いていくのかな。
そもそも、この文字って、一文字ずつ決まった形式があって、補助線をいっぱい引いて書いているのを見た事がある。
各種の道に対応するために、色んな事を考えているんですねぇ。
スポンサーサイト
咲き初めの沈丁花
沈丁花
沈丁花は大好きな花で、春の象徴として必ずブログの記事にしている。これは、馴染みの鉢植え。以前は白いのも居たんだけど、あっちはどっか行っちゃったのかな?
今年、香りを感じなかったのは、鼻の状態が悪いのか、香りが薄いのか。
どっちなのかわかる日は来るのだろうか?
ガチャガチャしている
鍵穴?
(影)が外出して、帰ってきた気配がするのに、玄関先から移動しないなと思いつつそっとしておいたのですが、残念ながら手が必要だったらしく呼び出されました。
内線ピーピー鳴らすだけで、言葉を発することなく呼び出すのやめてくれないかなぁ…。

そして、仕方なく降りてみたら、あら大変。
鍵が開かないと言うのです。力づくで開けるだけは開けたのですが、これを閉めたら次には開けられないだろうと…。
鍵の修理屋を呼べよと告げる暇もなく、自力で外してたよ。
見事な鍵穴(違う)だ…。

取り外された錠前
取り外されたパーツはこちら。
結局、可動部の油が足りないから滑りが悪くなったのではないかという事でグリースを塗る荒業で対応したんですが、どこの鍵修理の方法を見ても、やらない様にしましょうって書いてある類の修理だね…。
でも、鍵は軽く動くようになったし、構造を理解した様なので、また何かあった時には(影)を呼ぼうと思っている。
元の紙の大きさは?
折ってみたい鶴
わぁ!大きい鶴!
ちなみに、これを鶴と言うか鳥だと思う人って日本人以外にどれ位居るんだろう?
予備知識無く見たら、何に見えるんだろう?とたまに思う。

ガラスの部分に映っている灯りが、エスカレーターの物なので、そこから大きさを考えてもらえると、驚きが伝わるのではないかと思います。
どの位の大きさの紙を折ったらこんな大きな鶴が出来上がるんでしょう?そのサイズの紙を広げる床があるんですよ!
綺麗に折れる気はしないけど、すごくやってみたいです。
羊に愛がある
羊ケーキ
個人的に生きてる羊ってあんまり可愛くない、怖い印象しか無いんです。べーって鳴きながら集団で押し寄せて来るから。
しかし、羊グッズは可愛いの多いよな~

そんな私の心の隙間に殴り込んで来た羊ケーキ。
出来たら集団で購入して並べたかった(あいつらは群れる生き物だと思ってる)が、そんなに食べないし、無事に持って帰れるかもわからない荷物量でしたし、一匹だけ買った。
丁寧な梱包により無事に家に連れて帰れたので、撮影会をする。
無事に写真は撮った。どこからフォークを入れるのか、それが問題だ…。
鯛焼きは尻尾から派です。
見たいけど見たくない
黒歴史の可能性
A5サイズ位の小さいノートが、金網に刺さっているのを見て、手袋等の定番の落とし物と違って、何と心を揺すぶられてしまう物だろうとドキドキする。
ちょっとした思いつきやら、日記やらを適当に書き散らしているノートを私も持ち歩いている。
落としたら夜も眠れない気がする。
だから、連絡先は決して書かない。私のだとバレなければ傷は浅い気がするんだ…。

このノートはどんな事を書いてあるんだろう、とつい思ってしまうが、自分のだったら見る人は一人でも少ない方が良い気がするので、出来るだけ視野に入れない様にしつつ、ものすごく気になっている。早く誰か連れ帰ってあげてー!
結構使うのだが
最近結構使う
最近、テンプレートを色々使う様になった。
以前はあんまり使っていなかったのだが、唐突に使う様になるから不思議だ。
テンプレートを使っていると、書いてある数字のサイズの図が描けるのか、その数字の大きさの穴が開いているのかと悩んでしまう事があるのだが、用途を考えると『書いてある数字の大きさの図が描ける』が正解だと思う。
標準のテンプレート使用時の筆記具の太さってどの位が求められているのだろうか…。
学生時代に習った製図の授業でφ0.2のシャーペン買わされた記憶が(そして芯はばきばき折れた)あるのだが、それが基準だとすれば、金属板にマジックで描く私の使い方は間違っているのだろうか…。

未だに蛍光灯買えてません。いつか明るくなる日が来ると良いな、と思いつつ、机の上にライトあるから別にいらないんだよね、と見ないふりをしている。
ゆらゆらしている
増えてる!
久々に通った道で、ふと足を止める。
昔も確かにいくつかはあった。でも、多分、こんなには無かったよ!記憶から消去した可能性も否定しきれないけど(笑)。
その時は、もう暗くなっていたので揺れている物は無かった。
気になり過ぎたので翌朝通り直してみたら、日向になっている訳でもないのに、大多数がゆらゆら×2している。
大変申し訳ないのだが、結構怖いと思ったのは、別に悪くないはずだ!
太陽電池って意外と頑張るんだね…。その頑張りは無理に発揮しなくていいと思うけどね…。
100%ですか…
新宿区やる気だ
夜新宿を歩いていると、よく客引きの人が居ます。個人的な印象としては上野の方が多いが(笑)。
『客引きに引っかからないで下さい』と言う放送もいっぱい流れています。
そんな中、ふと道端で見かけた看板。
『客引きは100%ぼったくりです!絶対について行かない!』
新宿警察の本気を見た!まぁ、歌舞伎町だからな…。

客引きについては、道を歩きにくいから居なくなってくれとは思っているが、100%ぼったくりとまで言われるとちょっと気の毒な気はしなくもない…。
スリッパを変えてみる
新スリッパ
工房で履くスリッパには、色々因縁がある。
かかとの無い硬いのだと、鈍臭い私は階段等で滑る。
底が薄いと、床に落ちた金属片が刺さったりして痛い。
色んな苦難の末、プラスチックのかかとのあるスリッパを使っていた。
これが、残念なことに、冷たい…。

最近、体調が微妙なのはこれのせいもあるのではなかろうかと勝手に責任を押し付け、家にあった使ってなさそうなスリッパをかっぱらってきた。
階段から落ちない事を祈りつつ、本日デビュー。