fx
まだ板
板状
板を作って切り出して~♪
削って綺麗に形出す~♪

と言う段階のシャトルです。久々にまとめて作るイベント前。
この後、でっぱり作ったり曲げたりして調整していきます。

以前『一個一個形が違うのが手作りの味だって言う人が居ますが、それは職人の言い分ではありません。これらの形が違うのは僕が下手だからです!』って主張を読んで、心底納得。
やっぱり、完全に同じ形には出来てないなぁ。そんなに大きく違う事は無いですし、もちろん、使用する時に問題のある作りにはしませんけど、理想は、100個作ったら100個寸分たがわぬ形に出来る腕だよね。
スポンサーサイト
並べてみた
並べてみた
シャトルの動画を作ってますよ。
YouTubeに何とか登録したんですけど、ミニチュアシャトルだけではなく、普通のシャトルの使い方紹介も作りたいんだと思っていたのをすっきり忘れていたのに気付いたので、忘れない様にシャトル全種類並べてメモっておきます。
技法の説明とか必要だろうか…?

その関係で、色々過去の資料とか見直していたら、FC2動画に登録しているのを見つけました。
忘れてましたとも!
それだけでなく、そちらに何年も前にコメントを頂いていた様子で、本当に心からお詫び申し上げますが、使い方がわからなくて、コメントが返信できない悲しさよ…。
カラーミニチュアシャトル登録完了
シャトルカラー版
先日書いていたカラフルバージョンのタティングミニチュアシャトルを各種販売ページに公開しましたので、良かったら見てみて下さい(宣伝『J◆SPACE』で登録していますよ!)。
左から黒ロジウムメッキ・24金メッキ・18金メッキ・ピンクゴールドメッキです。本体は真鍮製です。

この、小さくて可愛いミニチュアシャトルを使って、細いレース糸を結んでいる動画を撮影して動画サイトに投稿する野望があるのですが、そもそも動画を撮る所から結構な難関ですよね!
背景は?光は?手が汚れてたら台無しだよ!でも、ここ職場!(←私は磨きと言う汚れる仕事をしているのですよ…。)
まぁ、でも、せっかく作った物がきちんと活躍する場面をご披露したいので、頑張って懸念事項をつぶしていきたいと思っています。
ちらっと
カラフルミニシャトル
現在準備中のミニチュア金属シャトルカラフルバージョン。
真鍮にメッキを施した物です。
上の段が金メッキ三種類。左からK18メッキ・K24メッキ・PGメッキ。下の黒いのは黒ロジウムメッキです。
結構綺麗に色の違いが出る物ですね。
近いうちに販売サイトに登録したいと思っていますのでお楽しみに☆
ミニチュアシャトル人気?
ミニチュアシャトル途中
ぽつぽつと売れているミニチュアシャトル。
デザフェスに持って行く分が…。とぽそぽそ呟く私なのである。作らないと。

販売サイトに登録が出来てるのが、角あり(真ん中)だけなんですが、ミニチュアボビンシャトル(上)、角無しミニチュアシャトル(下)も作っているのです。
一緒に置いてあるバラが#40
売れ筋になってくれるとありがたいんだけど(笑)。
その前に、登録しないといけないんですが、写真と文章に手こずらされてます…。
写真の角度
リング写真その1
先日、オンラインマーケットに登録したとの話をしましたが、その後、それ用の写真を撮りまっくっています。
今日、バナーを発見したので、ブログの右側に貼っておきましたよ。

リング写真その2
ちょっと角度を変えると、印象が変わるので面白い物です。
これらの二枚からどっちかを選ぶのは、結局私の好みなんですけど(笑)。

どう撮ると、センス良く格好良い写真になるのかわからない以上、修行にでも出るべきかなぁと悩んだりしています。
(影)が撮ってくれないかなぁと、こっそり思っているが、楽しそうに新しい物を作っているから言えないでいる…。
組紐ブレス
ブレスレット
組紐とシルバー、それに磁石を組み合わせたブレスレット。
近いうちにショッピングカートに入れる予定です。

かなり強力な磁石を入れているので、ぱちりと留まります。
最近、磁石式の金具って結構見掛けるんですが、落ちないのかな~と不安に思っていました。
しかし、強力な磁石を紹介してもらったので使ってみました。
サイズさえ間違えなければ、日常生活では無くす事はなさそうです。

試作品を半年位使っていますが、心配していたカード類やスマホ等への影響はなく、快適に使えています。
ただ、特に肩こりは改善しませんね(笑)。
金剛を愛してるのか?
金属組紐・金剛
ふと、作っている物を見直して気付いた。
私は金剛を愛しすぎている?

いや、作りやすいんだよ。まとめやすいの。
それだけ。だと思う。
これは両方、八つ金剛です。
組みあがった物を、少しつぶして丸くしてみました。金属ならではの表現を考えてみているところ。
前回の金属組紐も金剛だった。前回の物より太い線を使っているので、それだけで雰囲気が違っているのがなかなか面白いです。
場所に悩む
銀線組紐
銀線組紐です。
薄板タイプの物は良いんですけど、完全に線を使用した物は、刻印を打つ場所に悩みます。
こちらは、0.3mmの線を組み上げた物。ロウ付け大変です。うっかりすると本体が熔ける…。

結局、どこにも打つ場所がないので、板を貼りました。
小さい方は、珍しくSVの刻印を使い、JSの刻印入れてないんですが、スペースの関係上どうしようもないよ!
まだ貼りつけたばっかりで、なじませてないので非常に目立ちますが、もう少し整える予定。
組み手は、両方とも金剛です。上が8本、下が16本になります。
金属製江戸八つピアス
組紐ピアス
前回の物とちょっと変わって江戸八つ。
こちらはピアスにしてみました。
シルバーで白仕上げ。
幅1cm×長さ4cm位になります。
見た目に反して非常に軽いので使い心地は良い感じです。