fx
サイン会に行ってきました

何回か紹介している気がしますが、菅野彰さんと言う作家さんのエッセイがすごく好きです。
人生を全力で楽しんでそうな感じがとても楽しい。見習わないけど…。
小説はほとんど読んだことがありません、ごめんなさい。でも、エッセイは多分全部持ってるしファンだと名乗ることを許して欲しいとこそっと思ってる!

そんな、作家さんのサイン会がジュンク堂池袋店であると小耳に挟んでしまい、どうしてもご本人のお姿を拝見してみたくて、庭の木の枝に自作のレース編みを巻く変な差し入れ持って行ってしまいましたよ。
緊張してあんまりちゃんとお話し出来なかったけど、行って良かった。楽しかったです。

そして、買ったエッセイを読みふけってふとブログの存在を思い出してパソコン前に座って居たら、唐突にタッチパッドが使えるようになった…。何なの、この子…。
スポンサーサイト
白木蓮
木蓮
木蓮を見ると思い出す漫画がある。
超王道のボクタマではなく、『小さなお茶会』と言う猫の夫婦が主役の漫画である。
小学生の頃に向かいの家のお姉さんに絵本風のそれをもらって、大好きになってから数年。古本屋で分類もされずに山積みになっている漫画の中に5巻かなんかを発見して、余りにも驚いて母を呼び出し(近所だったが、携帯電話などなかった時代だ。どうやって呼び出したのかは覚えていない)、這いつくばって全ての在庫を確認し全7巻を入手した(絶版だった)漫画である。
その後、再販ドットコムで見事再販を果たしたので、2セット持ってる(笑)。

その中で、木蓮を取ろうとした思い出が語られるのだが、ちょっと間抜けなそれがすごく可愛い。
木から落ちながらも奥さんに木蓮をプレゼントした旦那さんとその感動的な場面、窓の所に活けられた灯火の様な一輪の花を春になるとふと思い出すのだが、どうやってあんな枝先に美しく一輪だけ咲いてるの取ったんですか?と思って台無し…。
展示会その他
井上陽介展 井上陽介展詳細
あ、サムネイルって並べられるんだ…。
今更ちょっと驚いた。

井上陽介展が代官山の『Gallery子の星』さんで開催中3/28まで。
紹介するのが久々ですが、順調に回数を重ねておられます。先生いつもご案内ありがとうございます。
ほぼ同じ会期(3/27まで)で『AJCクリエイターズコレクション展2016』という手芸の展示会が上野の都美術館で開催中ですって。


『本好きの下剋上』の6巻の発売日(公式・早売りは出てるらしい)が明日との事なのですが、サイン本が入荷すると言うお店での発売が26日らしいので、ちょっと待ってみている。
さしてサイン本が欲しい訳じゃないんだけど、せっかくなら挑戦してみようかと(笑)。

そんな訳で、全部一緒に回る事は出来ないかと画策中。
よつばと!13巻

待ちに待った『よつばと!』13巻発売です。
今回本当に長かったわ…。
朝一で本屋に寄ってきちゃった♪

ダンボーカードだと!?
そんな漫画の中に挟まっていたチラシ。
Tカードはすでに持っている。しかし、統合も出来るらしいダンボーカードを、…どうしよう、欲しいかもしれない。

いや、だまされるな、ただの高いカードだ!と自分に言い聞かせる…。
ダンボーで稼ぎ過ぎだろ!と言う点と、『Danboard』ってちょっと格好良いなと言う二点で驚いた。
ダンボーカードの誤植かと思って調べちゃったわよ!
今日も本の話
最近、色々と忙しかったりするので、本とか読み物を頼りに生き抜いたりしています。ストレス解消に文字を読むタイプです。ストレスがなさそうな生き物と常々言われておりますが、無い訳ではないんです。

だから、ナレーター機能とか使おうとしてみたりしてるのさ。
webの画面を勝手に読み上げてくれたら、私は何かを作りながらストーリーを把握できるはずなんだ!
流石の私も、パソコン画面を見ながら紐は組めないんだよ…。
でも、ナレーターは何を言っているか分からないと言う、大きな欠点があってな…。
後は画面の途中で止まるのも意味不明でな…。何なの?容量制限でもあるの、あれ…。


結構話題にしておりますが、『なろう系』作家さんが最近非常に多く書籍化なさってまして、お財布には優しくないですが、気持ちとしてはありがたい。
今日は『居酒屋ぼったくり』の4巻の発売日。
無事に本屋に行けると良いなぁ~
見れない?
管理画面は使えるけど、ブログが見えない??
この記事更新されるかしら?と思いつつ、とりあえず、手に入れてご機嫌な本の話。


最近の本の発売日ってどうなってるんだ?と思いつつ、本屋に出掛けて早売りの本を買う私。
マインちゃんの暴走が加速される青色巫女編の登場にうきうきです。
そして、本を読むのは好きだが覚えるのは苦手とかいう割に、ものすごく色んな知識を活用するマインちゃんのすごさに圧倒される『本好きの下剋上』どんどん出版されてますが、作者さんが忙しさのあまり倒れたりしないことを祈りつつ続きを楽しみにしています。

web版との違いもさることながら、母に貸しやすい書籍版はとてもありがたいんだよね(笑)。
とにかく美味しそうなんだけど

なろう系(『小説家になろう』と言う、投稿小説サイトから書籍化した本)の一つ、『異世界食堂』の二巻が無事に発売されました。
ごく普通の食堂で、ごく普通の料理を出しているんですが、異世界の人が食べにくるという設定のため、当たり前の食べ物の描写が美味しそうで美味しそうで…。すごい食べたくなります。

それにしても、一体どれだけ広い調理場と貯蔵場所があるんですか…?
この疑問が解消される気がしない。
おぅっ!
カメラに写真が何にも無い!
そろそろバックアップを取らないとと思って、うっかり会社のPCに保存して消してしまった!

そんな訳で、お気に入りの本なんぞ。

とは言っても、ネット小説の方ではまって、本はまだ買ってません。
ちょっと読んでみたらはまってしまい、これは、買いだな!と思っている所です。
最初の頃は空回り過ぎててちょっと見てられない感じなんですが、努力が形になって行く姿と、よくそんな知識があるなと思うほどいっぱい出てくる製本知識が楽しくてたまりません。
連続刊行で二巻も出たみたいですし、近いうちに買いに行く予定。

追記:訂正します。二巻発売は2月25日だそうです。ものすごく楽しみにしてます!
マルタ・サギーが!

『マルタ・サギーは探偵ですか?』の新しいのが出るんだそうで!
一人、大興奮。
すごい好きな話だけに、実にわくわくしてしまいます。
昔、これの挿絵になっていたタティングを作りたいって、20枚位ドイリー結ったなぁ。懐かしい…。

説明を見る限り、改訂版の様ですが、どんな所が変わるのかな~とか、続きや番外とか出るのかな~と思うとわくわくします。
最近、昔の作品の改訂版とか多いですね。
前半部は再販して、続きに力を入れるんじゃなくて、前半から書き直す理由は何なんだろう?
作者本人が内容を忘れてるから、とかだったら笑える…。
マニアックすぎないか?

『宝石Q&A』と言う本を読みました。
結構面白かったけど、取り上げている石がマイナーな気がして、本当にこれを疑問に思っている人が数多くいるもんなの?とびっくりしました。
スギライトとかモカアゲートとかモルダバイトって一般的な物なの?

表紙にもなっている『ダイアモンドは燃えるのか?(本文とはちょっと違います)』と言う疑問。
これ、自分でやった事があります。気になってしょうがなくて、小さな人口結晶を買ってバーナーであぶってみました。
結構火にかけましたが、特に変わりませんでした。
だからと言って、宝石質のダイアモンドで試す気にはなりませんが(笑)。

同じくダイアは、劈開(特定の場所を叩くとぱかっと割れる性質)だっていうけど、ハンマーで殴ったら割れる可能性があるの?と言う疑問は、怖いのでやってません。
意外と割れないって話を聞いた事もあるんですが、どうなんでしょうね。石留で欠ける事はありますので、やっぱ割れるのかな…。

水晶
そんなこんなでルースの写真でも撮ろうかな~と窓辺に並んでいる石を見たら、ものすごい埃をかぶっていたので激写。
三点とも水晶ですが、右側のだけ拭かずに撮ってみました。
少し汚れると、これだけ輝きが変わりますので、お手入れには気を使ってあげて下さい。