fx
お墓参り紀行
紀行ってほどの事は書かないんだけど。
無事に行って帰ってこられました。よきかな。渋滞も特になく快適走行でした。

久々に車の運転をしたような気がする。
春をやっと認識出来てきた所なのに、逃げ水を見るとか、どうなってんの?

カーナビに88点と言われて満足するも、急減速が多いと指摘されたので、また今度は気をつけよう。覚えていられれば…。
スポンサーサイト
犯人は私だ!
深山海棠
家の玄関付近にある深山海棠(みやまかいどう)の鉢。
もうちょっと刈り込んでやらないといけないのでは、と思いつつ、ついつい伸びるに任せてしまう…。
花も綺麗で、実も可愛い素敵な木です。頂き物なので、もっとちゃんと整えてやるべきなのに…。

ある日、家に帰ると、母に「誰と話してたの?」と言われました。
「は?」
「お前の声がして、すぐ玄関開いたから、誰かと話していたんだと思って」
「いや、誰にも会ってないけど…」
しばし考える。母が自分の幻聴を心配し始めるので尻馬に乗って、不安を煽っていて思い出した。
「あ、深山さんに話しかけてた!」
「は?」
「ほら、玄関にある深山海棠が綺麗に咲いたから『深山さん素敵になったね~、水足りてる?』って」
「お前じゃねぇか!」
何か問題があった場合、母と私に犯行の疑いがあるなら、基本的に犯人は私だよ!(相手が上司の場合にも有効な法則です)
やった事を脳内から忘却するだけだよ!
先日、夢で母が暴れていたからと八つ当たりをしたのも私だよ!
「そのアクティブなお母さんは私じゃない!」ってキレられたよ。
世の中は理不尽に出来ているから、皆様もお気をつけて!
踏みかけた!
春ですね、蛙です。
苦手な人は、写真をまじまじと見ないように気をつけて下さい。
蛙です。

夜道を歩いていたら、丁度角を曲がった足元に汚いティッシュが落ちていた。
踏んでなるものか!と気合いで着地点をずらし、もう一度見たら動いたのよ、小汚いティッシュが!
明らかに無機物と違う動きで!
ふひゃぁ!と怪しい悲鳴を上げて観察すると蛙。結構でかい。あぁ、啓蟄過ぎたもんね、荒川区のどこで越冬してるんだお前は!
取りあえず写真を、とフラッシュを使ったら目が光ったので怯える私、逃げる蛙。
カオスな夜道ですね。
踏まなくて良かった…。
余っている
余った
唐突に、部屋の模様替えに取り組む私。
脅威のやる気を出して、半日戦ったら、やりたかった配置には出来たのだが、洋服ダンスの行く場所が消えた。
何であなた、本棚の前に居るの?邪魔なんだけど…。
粗大ゴミに出すには、部屋(二階)から玄関(一階)へ運ばないといけないんだけど、どうすれば…。どうやって搬入したか覚えてないけど、入れたんだから出るはずだ!
別に捨てることは構わないの。どーせ本(手前に写っている箱とか)しか入ってなかったし。
でも、脅威のやる気が去って行ってしまったから、どうすることも出来ない状態。

パソコンさんはディスプレイのみの問題と診断された。
昔のディスプレイ(余っているからくれると(影)が言っていた)と、つなげられないのかな?HDMI端子のPCとD-Sub端子のディスプレイ(仮)がつながるケーブルがあれば問題は片付く気がする!

でも、今片付けないといけないのは部屋だ!
三月が去る
明日から四月ですよ。
新年度が始まりますよ、ねぇ!と誰に言ったら良いかわからん謎の焦燥を抱える私なのです(割と毎年)。
あぁ、どうしよう、どうしよう(どうもしないけど)。

何があった…。
雨が降っている日に、哀れな状態の傘を見かけると、持ち主にこっそり同情の念を覚えたりします。
こちらは、ある夜遭遇した意味不明の傘です。これ、どういう状態なんだろう?ひょっとして頑張れば使えるのでは?
でも多分、使えなかったから道にポイ捨てしたんだろうなぁ。もしかして、風で飛ばされてすべてを諦めた結果と言う可能性も…。
勝手に脳内に発生したびしょ濡れの女性(タイトスカートのスーツは桜色)に、無駄な同情を寄せつつ、ぼんやりする。
ちょっと風邪気味。上司に「近寄るな、うつすな」と言われて、ぼんやりした脳内で突然発生した知らない人と会話を始めたりする春。
そう言えば、膝痛がいつの間にか治っていたので、意外と幸せなのかもしれない。
使って良いヤツ?
空気を出すボンベ
エアーを出すお掃除用のボンベを見ていてふと気付く。
『地球温暖化ガス』が入っているという事?そういう表示なの?
これ、使うと温暖化ガスも一緒に噴出するよ、という事なの?
しかし、使わなかったとして、どうやって捨てるの?やっぱりどうしようも無いって事?
不思議な物が存在するね。
そして、悩んでいる間に、何に使いたかったのか忘れてしまったので、取りあえず保留…。
働く車
消防車じゃない!
耐圧放水試験車ですって。
消防車が居る~と思ったら、どうも、違う物らしいと思ってしばらく見る。
この後、工事中のビル(人が居るところ)に入って行きました。
何をする車なのかな~
完成間近のビル全体に水をどばーっと流したりなんかはきっとしない。
でも、その光景を想像したら、ちょっと見てみてみたくなったので、私の中でこの車のお仕事は決定したのでした。
微妙…
膝が痛いとお医者様に見せ、多分大丈夫だろうけど、一週間後にまだ痛かったからもう一回見せて。と言われた膝。
湿布貼って薬飲んで一週間。良くなった様に思えていたが、薬が無くなったら途端にもとに戻った。すなわち痛い。
あれー?来週は歯医者さんに行く予定を入れちゃったよ?
どーしよーかなーとぼんやり悩む休日。
相当とは
何相当よ?
『何かに相当する』、とか、『相当の覚悟が』とか、そんな使い方は見た事があるが、『相当で』と言う文章の始まり方をするのをはじめて見た気がする。
『ものすごく高価な』と言う意味合いで使っているんだろうか?
最近出来たお店だと思うんだが、最初に見た時にちょっと引っかかり、未だに、見るたびに何となくもやっとする。
『相当に高価現金買取!』だったら、いや、それも変か…。

私の職種的に、いらない宝飾品(そんなもの持ってないけどな!)は、解体して再加工とかになると思うので、立ち寄る事は無いんだけど(笑)。
結局何もわからない
何となく右膝が痛むようになって1ヶ月位たつ。
普段はなんともないのだが、しばらく動かさずにいた後に、動かし始める時ピリッと痛むのだ。
年をとったら誰にでもある事なら良いのだが、どこか痛めてるだと嫌だからお医者さんに行った。
レントゲン3枚も撮ってくれて、骨に異常は無いと確認が取れてほっとする。
でも、ちょっと腫れてるって事で、湿布と飲み薬をもらって経過観察。「一週間で良くならなかったらもう一回来て。多分、大丈夫だと思うけど」「わかりました」と帰ってきてからふと考える。
あれ?原因と対策は…?
それは良かった一安心、ってところで思考停止するの、本当に良くないなと思いつつ湿布を貼っている。