fx
うん、良いと思う。
魚網ですね
ガチャガチャのケースを返却する場所が無いと困る事がありますよね。
そんな時は魚網!
え?そうなの?この使い方正しいの?!

ちょっとだけ腑に落ちない感がある物の、ダンボールとかゴミ箱とかより見た目すっきりして良い気はするんだよね…。
よく思いついたなぁと感心しきりではあるんだけど、わー、大漁だね、と言いたくはない何か微妙なわだかまりがあります…。
スポンサーサイト
赤ければ良いのか?
何故混ぜた
リンゴは万能だと私も思っている。
別に、壊滅的な味ではないだろう。
でも、何故混ぜたの、リンゴとトマト…。
何故ポタで止めた?
無駄に興奮したが
自動販売機の中に、見たことのない種類が!と無駄に興奮する私。
何だよ『枝豆とほうれんそうのグリーンポタ』って充分無駄に長いんだからポタージュって書いてやれよ!
笑わせてくれたので飲んでみたら、想像以上に塩が強く、枝豆成分が探せない。
名称の先頭なのに!何なの!?
まぁ、カップスープ味と言われてしまえばそれまでだが、どこまでも楽しい飲み物だった。
高いらしいよ!
名刺自販機
名刺自動販売機。
先生見てる?と、つい書いてしまうのは、先日「海外では主要駅に普通にあった」との話を某学校の先生とした直後に、その近くで発見したからです。
「確か上野駅にはある」と申し上げましたが、ビッグサイトにもありましたよ。大丈夫!名刺を忘れても当日作れるよ!
余程の事が無いと、展示会の招待状を持っているのに名刺が無いって経験はしないと思いますけど(笑)。

私は名刺を業者にお願いした経験が無くて相場がわからないんですが(前の会社では事務の方がやってくれて、ここでは自分で印刷しているので)、『ネット注文したら裏表印刷で100枚1000円だった』とのあるブログ記事を見て「30枚1000円って高いじゃん!」と納得しました。
まぁ、100枚も要らない場合には便利かも。しかし、どんな状況になると、この機械で名刺を作る事になるのだろうか?
缶が無いね。
缶が一本もないかも?
別に、無くても良いんだけど、自動販売機に缶入り飲料が一本もないって不思議な気がするのです。
まぁ、紙パック中心の自販機って意外と多いですけどね。

あと、昔から不思議に思っているんですけど、ヤクルトって二本売りなんですよね。
朝、購入したらガコンと二本。一本はその場で飲むとして、残りの一本は鞄に入れるんですか?そして、家に帰って冷やして翌朝飲むんですか?どうして50円で一本売ってくれないの?!そうしたら、毎日一本確実に冷たいのが飲めるのに…。

何故そうまでして振らせたいのか
最近不思議なのは、何故か振らせる飲料が多い事。
振るのは割と楽しい。振らずに開けて中身が出てこない事態も、意外と楽しい。
メロンクリームソーダ味は炭酸成分入ってるのかなぁ。
振ったよ!
振るの?!
このシリーズ、昔からソーダだった?昔はゼリーinナタデココじゃなかったか?
「え?まじで?!振るの?!」と自販の前で戸惑った記憶ないんだけどなぁ。
ナタデココが割と好きです。なので、何回か買った記憶があるんですが、ソーダだったかなぁ…?
ちゃんとソーダでしたよ。これはこれで美味である。

ところで、兄に飲ませたらものすごい真顔で「ナタデココが邪魔だろ、何故入れた」と言われてしまいました。
何という事でしょう。コンセプト全否定…。ナタデココが入ってこそのこのジュースなのに…。

別件ですが、ソーダを買って開けてしばらく経つと、すごく気が抜けるじゃないですか。
ペットボトルが硬くなるのって、二酸化炭素が水分から分離してペットボトル内に充満してるんですよね?
あれって、何とかして水の中に戻す方法ないんでしょうか?
回っているだと!?
写真では難しいけど
自動販売機が主人公の小説が出版される昨今。
皆、もっと自動販売機に注目すると良いよ!と勝手に思ってる。見るだけで結構楽しい。

回ってるんだよ!
今回は、写真ではわかりにくい特性の個体を発見しましたよ。
二枚の写真を見比べて下さい。回っている。一個だけ回っているよ!
これが回る必要性がさっぱりわからないんだけど、一押しって事かしら?
この機能がいつか発展して、あちこちでバラバラに回ってたらちょっと面白いなと思った次第。


自動販売機が主人公の小説が↑です。
『自動販売機に生まれ変わった俺は迷宮を彷徨う』
さほど不幸な訳ではないのだが(女性にもてもてだし)、絶対に自分が同じ立場にはなりたくない主人公(笑)。人化だけはしてくれるなと切望しつつ、制約なしに会話が出来る様になる事は祈っているよハッコン(主人公の名前)。
久々に出会った傘自販機
傘の自販機
だいぶ昔に傘の自販機を見た事があります。
そう言えば、あれも駅だった。
今回は、駅の改札の外でしたが、お値段は同じだね!
うっかり見逃してしまいそうになる程、自動販売機っぽくない姿なのが玉に瑕(因縁をつけてみた)。

傘が欲しいと呟き続けて週末を迎えようとしている。楽しそうな傘を探しに出かけなくては!
極めて、普通の、缶でした。
普通の缶だった…。
わかってはいたんです。そりゃもちろん、自動販売機にこんな形状の缶が入ってる訳ないし、そもそも、型から外れないだろうと、前の記事を書いていた時からわかってはいたんです。

でもさぁ、あるじゃん、一縷の望みとかさ!ちぇっ。
ちなみに、お味は色々(練乳とか)入ってるっぽい甘い牛乳でした。
それどんな形?
売り切れだし…。
何か売り切れてる!と思いつつ近付いてみれば、何とも面白そうな形の物があったよ!
現物が見たい!でも、売り切れ!
何それ!!イジメ?!

しかし、本当にこの形で、しかも、缶で出てきたらどうしたら良いんだろう。持ちにくそうだし、粒コーンとかより出てこなくてイライラしそう…。
この、型から外しにくそうな形は、何を考えて作られた物なのか?
やっぱり販促見本品で、どう考えても、商品自体は普通の形なんだろうなぁ。