fx
岩倉先生のお店の話
お店のお知らせ
2017年4月23日帝国ホテルプラザに岩倉康二先生の作品も取り扱うお店が開店しました。
銀座の帝国ホテルの中になりますので、お近くにお出かけの際には、是非お立ち寄り下さい。

しばらくの間、この記事がトップになる様にしておきます(2017/4/13更新・5/6一部修正)。
スポンサーサイト
ルーペ付ライト

貰い物だというライト。
机に取り付けるのにものすごい苦労しているのを横目で見ていた。
何とか取り付けられて良かったね!と喜んでおく。
地金相場情報
地金相場情報
今月は、あんまり動かない感じでした。
年初来高値・安値への更新なし。

Facebookの使い方がわからないまま放置を続けていたのですが、ちょっとあちらに更新をしてみようかなぁといじってみたりする。
何で、こういう直感的に誰でも使えるって物がさっぱりわからないんでしょうね…。
時代に乗り切れないのは、年齢のせいだと誤魔化して良いのか…?
髪焦げた
机配置
机の配置はこんな感じ。
椅子に座った左側にロウ付け台。
火をつけたバーナーを台に引っ掛けて、ロウ付けをした物を観察していたらジリッって音がした。
あ、久々に髪焦げた。

あんまり気にしていなかったのだが、髪を短くしていたので、私より周りの反応が顕著だった。メールをしていた友人に、「ショートで焦がすとか」とおののかれて、異常事態であることに気付く。
いや、別に、短くしたかった訳ではないのよ?わかる程じゃないと思うし。
髪を切る前も、前髪部分はあったんですが、ヘアバンドで押さえていた。
今、ヘアバンドをする程の長さがないので、ふわふわと頭上で遊んでいる。
ちょっと間合いを間違えただけなんだよ…。そんなにビビらないでくれよ…。
言われて反省したので、すごい頑張って整えてくれた美容師さんにごめんなさいと呟こう…。
6月ですね
井上陽介展
そろそろ、6月。
井上陽介先生が吉祥寺で個展を開催する時期です。
鞄の中に入れていて、ついうっかり忘れていましたので、直前になってしまいました。
そして、ちょっぴり写真がピンボケ。

井上陽介展
2017年6月1日(木)~7日(水) 12時~18時最終日は17時
吉祥寺リベストギャラリー創さんです。

ところで先生、何回目だかさっぱりわかりません…。
X=10だっけ?
ピアス穴を太くする
太目のピアス
普段使いのピアスはチタンの少し細めの物を使っているのですが、最近、ピアスの原型を作る仕事等が増えて、穴を太くしないといけないという事になりました。
穴が細いと太目のピアスは入れにくいですから…。
普通に仕上げる限りは、ピアスを付けて見たりはしないんです。
ですが、原型は、どうしてもバランスを見る為に、耳に吊るして見たい訳で、私の耳が貸し出されています。
そのたびに『ギャー!痛い!!』と言いながら入れていたんですが、いくらなんでもあほらしいので、太めのピアスを作りました。シルバー製1.1mmのそれを、この週末つけて暮らして、やっとちょっと安定してきたみたいです。
ファーストピアスの苦しみを、再び味わう事になろうとは…。
これ用の飾りを週末に作っていたんですが、丸カンが発見できず、未だ金具のみです。

そんな週末を乗り越え、40代後半の男性である(影)がピアス穴を開けていない事実に遅まきながら気付いた事で(遅すぎる)、現在戦いが勃発しています。
「安易に人の耳を使おうとするなよ。自分のでやれ!」
「いやぁ、流石に、今更ピアスは…」
「不良中年になれよ!」
今日も不毛に戦っています。
珍しく役に立った
先日、未だに特に役に立たないのにもかかわらず持ち歩いているルーペを使った。
ちょっと嬉しい。役に立ったよ!年に何回も使わない物を365日持ち歩いている意味について、たまに考えるけど。

ルーペ
そんなルーペの持ち方についても、たまに悩む。
ルーペは基本10倍の倍率であり、レンズの上下に板がある状態で保存される。使う時に横からレンズ部分を出して使う。
この出した状態で、指はどこにあるべきなのか。

ルーペの持ち方
レンズが入っていた部分に指を入れるべきなのかどうか。なんでかわからないけど、そこで悩むんですよね。
好きにすれば良いと思うのだけれど、中指を引っ掛けて、人差し指と親指でレンズを支えるのが基本かなと思っている。

ちなみに、私は左目が利き目なので、左手で持つ場合が多いです。
利き手に持つ事にこだわると、すごく見にくくなるので注意が必要だと思っています。
特に、このタイプのルーペって使う時両目開けるから…。
どうやってやっているのかわからないのだけれど、気合を入れると、ルーペで見ていない方の目から入ってくる情報は遮断できるみたい。
スライディングゲージ
WAX用?
初めて名前を知った気がする。厚みを測るやつとしか呼んだこと無い。そんな道具ばっかりです。そして、覚えません。
この道具には、厚みを測る部分が丸っこいのと細いのとある。

金属用?
ずっと、最初に売っている時は全部丸っこくて、自力で調整するもんだと思っていたら、丸いのはWAX用、細いのは金工用なのだと道具屋さんのページが言っている。
とてもびっくりした。
WAXを細いので測ると、めり込んで傷付けてしまうのかもしれない。

何の話かと言うと、この道具を有無をある日尋ねられた事があった事を思い出したのです。
(影)「測りたい部分に入らない。先端が細いの無い?」
私「こちらでいかがでしょう?」
そうして、差し出したのが、二枚目の写真のやつ。
久しぶりに使う用事があって、引き出しから出したら、一枚目の写真のやつだった時の私の衝撃ったらなかった訳よ。
何も言わずに、返却時に取り換えるの止めてもらえないかな…。
問い詰めたらしまった場所を教えてくれたけど「そこ入れといてね」ですって。これがパワハラかっ!
地金相場情報
地金相場情報
この画像は、切り貼りしてペイントソフトで作っているのですが、今回珍しく大きさが400×400ピクセルになりました。
え?この画像真四角?そんなはずないよ、どう見ても縦長だろ!
と思いつつ、ディスプレイに定規当てて計ったら、同じ長さでした。
何に騙されているんだろう…。

今回もプラチナの年初来安値のみ、変動しています。
プラチナ下がるなぁ。
2017年年初来高値
金:4,886円 3月2日(木)
プラチナ:3,992円 3月2日(木)
2017年年初来安値
金:4,677円 1月26日(木)
プラチナ:3,561円 5月10日(水)
WAXのリングを削り出す
ワックスリング
削り出すと言っても、まだ内部のサイズ出しをしているだけですが。
大き目のサイズのリングを作る事になり、切り出して内部を削っています。
チューブWAX(写真左)という、長い筒状のWAXから必要な分を切り出して、リーマー(右側の下の二本。上の一本はやすり)で内部を削ったのがチューブWAXの隣にある薄いやつ。
削りに削った気がします。
サイズを合わせなければいけないのは確かなんですが、余りにも穴が大きくなってくると、削ったWAXがもったいない気がしてくるのが不思議。