FC2ブログ
fx
高台・綾竹台解説続き
綾竹台組口
昨日は、台全体の写真だけだったので、組口(くみくち)と呼ばれる紐が出来上がる部分を撮ってみました。
こちらが綾竹台の組口。
写真を拡大して見ると、上の方は紐になっているのがわかると思います。
横に出ている紺の細い糸が緯糸(よこいと)で、これは、見えない様に組む場合が多いです。
ですが、一番端の房の部分には出てしまうので、同色系の組合せにする方が無難です。
写真ではよくわかりませんが、青と緑の縦の縞柄で、組み方は基本の綾竹組みです。

高台組口
こちらが高台の組口。
色が変っていく部分なので多少わかりやすいでしょうか?
一本だけ早めに色が変ってしまったので、グレーの中に黄色が一本だけ浮いて見えています。
全体的に、この様に斜めに組み合わさってできていきます。
組み方は基本の安田組(あんだくみ)。…だったと思います多分。
テキストを部屋の掃除騒動でどこかに片付けてしまい、発掘できないままなので、ちょっと不確定です。ごめんなさい。
スポンサーサイト