FC2ブログ
fx
色の付いたつらら?
合成石
天然物ばかり紹介してきましたが、合成石もあります。
天然の原石とは違い、つるっとした棒状の物で、色付きのつららか、アイスキャンディーみたいに見えます。
上段左から、ルビーローズ・アレキサンドライト(後述)・パパラチアサファイア・インペリアルトパーズ・ルビーと袋に書いてありました。

名前が書いてあってしまってあるものはいいのですが、わからない物もあります。
下段はちょっとよくわからないものが…。
「名前は何ですか、これこれ、この石ですよ」
「あ、それ、あれだよ!インディコブルー、…なんちゃら!」
いや、そんな鉱物ねぇよ。

この後、多分全部コランダム系だと思うと言った社長は「じゃぁ、インペはどうなるんですか!」と珍しく私に突っ込まれる隙を見せたのでした。
社長の多分を信じれば、左がインディコブルーサファイアで、その他はルビーだと思います。
形状から考えると、火炎溶融法では無いかと思いますが、その点についても「俺が作ったわけじゃないし」とスルーです。
下段中央の色が半分しかついていないものは、何なんだろう?
バイカラーが作りたいのか、台座の部分が残っているだけなのか。

合成石
さて、アレキサンドライトについて。
名前をご存知の方も多いと思います。
変色が特徴の高価な石です。そのため、光線により変色する石はアレキサンドライトと呼ばれる事が多いようです。

本当のアレキサンドライトは、白昼の光(含む蛍光灯)の下では緑色、電球やろうそくの明りの下では赤色へと変わるのが最上とされます。
これは、最初の写真では紫系で、懐中電灯で照らした写真は赤っぽい感じですね。
全部コランダム系と言う言葉を信じれば、アレキタイプコランダムと言われる石だと思います。
緑から赤への変色をする合成石もありますが、合成であっても非常に高いです。

「合成だしね、そのうち練習で使わせてあげるよ」
そのうち、練習ですか…。そこにたどり着くまでの道は険しそうですが(寒いからしないとか言っている時点で駄目だ)、頑張りたいと思います。
めずらしいなぁ
ループタイ
修理でお預かりした岩倉製のループタイ。
修理と言っても、紐が細くてトップがずり落ちてしまうので、少し太めの紐に取り替えただけなんですが。

ループタイって最近、されてる方見かけないですよね。
素敵でおしゃれだと思うんですけどねぇ。
おでん缶
おでん缶
また寒くなりましたね。
そんな訳で、おでん缶を開けました。
蓋はパッカンなので、中身を出すのは簡単。

おでん缶
缶ごと温めるのは危険なので、鍋にあけて温めていただきました。
味は、悪くないです。
絶賛する程じゃないですけど、一人でおでんが食べたいならまた買っても良いかなって感じ。
私には、味が濃いですが。そして、はんぺんが入ってないんですよね、これ。そこはちょっと残念。
いや、はんぺんを缶に入れたら、入れないより残念な状態になるのは私も想像できますが。

会社で食べたので、箸を使いましたが、こんにゃくについている竹串は、道端で食べる際に便利な様に付いているらしいです。
親切です。

また新しくカップのおしることか発見・購入してしまったので、ちゃんと食べないとなぁ。
バイカラートルマリン
バイカラートルマリン
2色の石つながりで、バイカラートルマリン。
重さは0.72gで、前回の大きいアメトリンとは比べ物にならない小さな石ですが、色の綺麗さでは張り合えます。

ちなみにトルマリンの和名は『電気石』
熱すると電気を発する事からつけられた名前だそうです。
また、こすると静電気を発生し、ほこりを引き寄せやすいとも言われます。
後手後手…
J・SPACE外観
ネットショップをはじめてから、商品のお問い合わせをいただく様になりました。
本当にありがとうございます。
こんなに興味を持っていただけて、とても嬉しいです。
電話対応など、不慣れな点があり、失礼な対応をしてしまった方には大変申し訳ありませんでした。
心の準備が出来ていなかったもので…。

ジュエリーや、石などは、ネットショッピングでの購入をためらわれる方は多いと思います。
当工房は、販売店舗ではないですが、直接来ていただければ、手にとって見ていただく事も可能です。

ただし、たまにですが商品を貸し出したりして、在庫が手元にない場合や、当方の都合によりお断りさせていただく場合がございますので、事前にご連絡いただきますようお願いいたします。

なにせ会社構成員が少ないもので、両者とも会社にいない場合もありますので。
ご協力よろしくお願いいたします。
アメトリン原石
アメトリン原石
色が大変美しいアメトリンの原石。
この綺麗な境界線が見えるように、朝から必死に机の上に仰向けになって写真を撮ったのですが、
「俺が持てばよかったんじゃないの?」
と、さも当然のように言われてちょっと愕然としてみたり。
いや、努力は無駄じゃないさ。

アメトリン
裏から。あんまり違いませんけどね。

大きさは、持っている指から推測とか駄目ですか?
この会社にある石は、どこを計ればいいのか、いつも迷います。
大抵、一番大きそうな部分を計ってますが伝わってるのかなぁ?
重さは94.09gです。
空に近い場所で
ビル
先週銀座に納品に出掛けた時、普段なら地下道を通るのですが、いい天気だったので地上を歩いてみました。花粉症なんですが、そんな気分だったので。
久しぶりの銀座の街。
信号待ちをしながらふと上を見ると…。

馬
馬。
流石銀座。いろんなものがあるものです。
タティングの基本その2
今日は、編み方の注意点を図にしてみました。
昨日に引き続き、基本的な説明に関しては、本などをご覧いただく前提で、理解しづらい部分に焦点を当てています。
三枚の図は、全て表目の編み方です。

タティング表目編み方
黒がシャトルにつながっている(芯になる)糸、赤が表面に出る糸です。
最初にシャトルを動かした時は、上の1図の様に赤い糸の周りに黒い糸が巻きつきます。

タティング表目編み方
しかし、黒い糸が芯にならないといけないので、赤い糸をかけている左手の指を緩めて、シャトルの糸を引っ張ります(2図)。
そうすると、黒い糸は真っ直ぐになり、赤い糸が黒い糸の周りに巻きつく形に逆転します。

タティング表目編み方
最後に、再び左手の糸を引き、糸を寄せていけば表目の完成です(3図)。
裏目も糸をかける方向性が違うだけなので、表目と同様に、左手の糸を緩めて右手のシャトルの糸を引っ張る事で編むことが出来ます。

いきなり指がなくなったりする胡散臭い図ですが、参考になれば幸いです(笑)。
タティングの基本
タティングレースは、道具がコンパクトで持ち運びもしやすく、どこででも出来る気軽なレースだと思います。
しかし、単純な構造なのにもかかわらず、編み方を理解するのが非常に困難な為、初歩の段階でつまづく方が多い様です。
私が最初にやったときに、悩みに悩んだ点を載せてみますので、これから始めようと思う方がいらっしゃったら参考にしてみてください。

表目
紺の糸のシャトルを持って編んでいます。
編む為に動かすのは紺の糸ですが、水色の糸が紺の糸の周りに巻きつきます。

裏目
ほとんど見分けがつきませんが、こちらが裏目。
タティングは表裏の2パターンを理解してしまえば、大抵の事が出来ます。

編み目
これは、編みあがった部分。
紺の糸は、水色に隠れて見えなくなっています。

一番最初は、2色でやる(チェーンを編む)のがわかりやすいと思います。
太めの糸(オリムパスのエミーグランデ位が理想でしょう)で挑戦してみることをお薦めしています。
この概念が理解できてから、参考本のモチーフに取り組むと楽だと思います。

特にお薦めしたいのは、聖光院有彩『タティングレース-新しい世界』です。

雄鶏社の倒産により、大変手に入りにくい本になってしまいましたが、各地の図書館などには置いているところも多いと思いますので、ご参考までに。
非常に繊細なレースが多いですが、慣れるまでは太い糸で編んでおく方が無難でしょう。
目数が数えられるようになり、糸が切れなくなったら、繊細な物にチャレンジすると良いと思います。

また、同じ著者の『タティングレース』はNHK出版で今でも気軽に手に入れられます。
また、ガーデンクォーツ
幻影水晶
またまたガーデンクォーツ
いつの間にかポイントシリーズになってしまった。
流石にこの辺で打ち止めではないかと思っていたら「まだちょっとあるかも」の声が。
次のタイトルはどうすればいいんだろう?

幻影水晶
裏から。
43×16×56mm 46.82g
コケっぽい三角形が何層か浮いているちょっと小さめのポイント。
隣で「三角?青海苔!」とか言う声が聞こえます。
うん、まぁ、そう見えなくも無い…。

幻影水晶
今回は二つ目も載せてみます。

幻影水晶
45×24×77mm 155.61g
今まで紹介した中で、一番はっきりと山の形が浮き出て見える水晶です。
綺麗な緑の線が見えるので、角度を変えて見るととても面白いです。