fx
オヤ展
オヤ展
ギンザ ギャラリーハウスさんで開催中の『OYAの花麗祭』を見に行ってきました。
納品のついでにだったので、あわただしくちょっと見て、挙動不審に質問とかして去ってきてしまいましたが。
お騒がせしてすみませんでした。丁寧な回答ありがとうございます。
オヤと言うのはトルコのレースだそうで、私は『七海光(ななみこう)』さんの著書を見て知りました。
その先生の主催する教室展らしいです。


残念ながらその著書は、雄鶏社の物で…。私は倒産の際に買いあさったので持ってます(笑)。
このオヤの中に、タティングと同じ系統の物があると聞いていたので、何とか見るだけでも!と無理言って業務中に行かせてもらった訳ですが、行って良かったです。
全体的に、本で見て想像していたのとは違う、細い、繊細な作品ばかりでとっても素敵でした。
4月3日までやっているようなので、興味のある方は是非行ってみてください。
スポンサーサイト
石の彫刻
彫刻石・山
今までカット石の話が多かったので、石の彫刻の方法を軽く解説します。
石の彫刻は、カット石と違い、決まった形がありません。
今回は山の見本を使って解説したいと思います。
順番に一気に並べるとこんな感じです。
左上→右下の順に並んでいます。
こちらも水晶製です。

彫刻石・山
まず、思う形を書いて切り出すところから開始です。

彫刻石・山
ざっと切り抜いた物を、グラインダーで整えます。

彫刻石・山
大きさが整ったら、次は厚みです。
山の頂上を薄く、ふもとの方は厚めに残しておくと、より山らしい雰囲気になります。

彫刻石・山
山の稜線を入れて山脈らしさを出して行きましょう。

この辺りまでは、グラインダーで行えますので、カット石と同じ道具を使用すればOKです。
彫刻らしい説明は次回。
プレゼント自慢!
名刀雨傘
結構前から、右隅の方(PCのみ)で『これが欲しい気がする』と呟いていたら、友人がプレゼントしてくれました!
『名刀雨傘』です!!
一昨日貰ったばかりなのですが、社長の反応を見るために、昨日会社に持ってきました。丁度雨だったしね!

名刀雨傘
カバーを外したところ。

名刀雨傘
柄の部分。
本物さながらの加工が施されています。
目貫の龍も付いてるし、柄頭・鍔はちゃんと金属で、装飾もされてるんです!持ってると冷たいですけど(笑)。

名刀雨傘
鍔の拡大写真。
格好良い!



気になる社長の反応は「信じらんない、買ったの?!」でした。
違いますよ、貰ったの。「で、通勤電車でそれ持ってきたの?!」
えぇ、そうです。意外と人は周りの人間の持ち物など見てないものですよ。
車内でタティング編んでるよりは、目立ちませんでしたよ?
そして「頼むから、そのネタでブログ半日置いといたりするのやめてね。何か色々更新した日とかだったらいいけどさ~」と超否定の構え。
で、ありながら、息子さんに見せるからと私に背負わせて写真を撮ってました。
「ほら、会社の変なお姉さんが、こんな傘持ってるんだよ~、って言っとく」
遠慮します。その写真消しといて下さいね。
そして、しばらくその辺に置いておいたら、私の頭の上でそっと構えを取ってました。
結局気にいってんじゃん…。
甲府の大宝飾展
甲府大宝飾展
今年も甲府の大宝飾展の時期がやってまいりました。
2月位から今年はやるのかどうかとネットで検索し、わくわく待っている、そんな素敵なイベントのお知らせがやっと家に届きました!
一昨年に一度行ったんですよ。その時は、駅貼りのポスターを見たんですけど、去年も今年もポスター見ないなぁ。
同じ日にやっている信玄公祭りは宣伝してるんですけどね~。
今年は行く予定をたててあるんだ~。ふふふ。
一昨年行ったときは、指輪貰ったんですよ。素敵な街だな、甲府(←目的はなんだ…)。

神戸国際宝飾展
神戸国際宝飾展もお知らせが来たので出してみた。
神戸は流石に行きません。
しかし、5月のお知らせが3月末に届くのはどうしてだろう?業者用のイベントだからか?こっちは逆に早いなぁ。
桜の散り方
さくらの花
ものすごい寒い日が続いています。
せっかく咲いた桜の花が、停滞気味になっている様な?
お花見のCMとか見ていると、いや寒いし…。と呟いてしまう日々です。

ふと足元を見ていて気になったのですが、花がその形のまま散っていました。
椿じゃないんだから、この散り方はないでしょ。花びらが散るからこそ儚さとかの象徴になっている花なのに…。
寒くなったせいで、落ちたりするんですかね?
組みあがり
高台の紐
長らく高台にかけていた紐がやっと組みあがりました。
高台・綾竹台解説続きを書いた9月からずーっと放って置かれた物です。
写真でわかるくらい、すごいめろめろだわ(笑)。
太さが違うなんて、言語道断な筈なんですが。
元々組紐はどれも、何本も組んでやっと自分の力加減がつかめる物ですから、仕方ないと自分を慰めてみます。
修練が足りないのはわかってるんですよ!

先週くらいから、出来るだけ毎日台の前に座る様にして、こつこつやってました。やっぱり面白かったです。
機械的に手を動かす面白さって言うのもありますよね。

組みあがりの台
組みあがり間近の高台の状態です。
右側にある棒はヘラと言い、糸の叩き込みや、糸の通り道を整理するために使います。
綾竹台と高台では、このヘラが無いと紐は組めません。特に高台には必須です。
私は、竹を削って使っています。写っている側は綺麗ですが、裏面は竹の表面の緑色が半端に残ってます。
もうちょっとちゃんと削っとけば良かったと見るたびに思いますが、確か、必要な厚みが確保できなくて残した部分だった気がするので、削り込んだりはしていません。
割と手に馴染んできたので、このまま使おうと思います。
春の花火
夕べは、今年で三度目を迎える舎人公園の花火。

打ち上げ数は約3000発(30分位)と、決して多くはないけれど、まだまだ寒い春の夜には丁度よい数かなぁ。

花火1 花火2 花火3

もう少しまともに写真が撮れればよかったのですが…

一人果物祭り~!
一人果物祭り
唐突に一人果物祭りです。
いちご・パイナップル・甘夏・でこぽん、そしてチェリモヤ。
何故に南国フルーツがこんな時期に出回っているのでしょうか。謎です。
謎と言えば、甘夏って、何が夏なんでしょうか。冬に売ってますよね、これ。

チェリモヤ
さて、チェリモヤ。思い出の果物です。
写真は剥いた姿。何だろう、鶏肉焼いたみたいに見えるんだけど…。
よく書いているのでご存知かもしれませんが、果物が好きです。全般的に大抵の果物は好きです。

前の会社に勤めていた時の事。
お客様からの差し入れの果物盛り合わせの籠に不思議な物が入っていました。
困惑する事務のお姉さん。しかし、ありがたい事に、会社から徒歩5分程度のところに図書館があったため、お昼休みに入ってすぐ、フルーツの本を借りてきますと言って出かけました。
ぱらぱらと本を見て、これはチェリモヤというのか!よしこれを借りて行って、皆に見せよう。
すごく美味しいらしいから楽しみだな~♪

…そして、会社に帰ったらチェリモヤは無残な姿になっていました。
まだ青かったのに…。本借りて帰るまでの間くらい待っててくれてもいいじゃんか…。
どうやら、お昼のデザート代わりに、食事前に準備を済ませたかったらしいんですが。
「木の根っこみたい、じゃりじゃりするし味が無い」
その時、一緒に食べた人の感想です。忘れられません。確かその後2週間くらい助けてあげられなかったチェリモヤを思ってブルーでした。皮が黒くなってから食べるもんだよ、それ。

今回は、買った当時から熟れた状態だったので、皮を剥いた後は手で割りつつ切りました。
小豆をでっかくした様な種がいっぱい入っていて、味は、どう言えばいいだろう。
香りの無いドリアンみたいな?
ねっとりと甘く、凍らせたらアイスクリームとして通用しそうな食べ物でした。

なんとなく食べたい物を無秩序に購入してしまってこうなっただけなので、痛まないうちに食べきるのが、現在の最大の課題です。
リンクのお知らせ☆
花木 扇二朗さんのにちぶしようよっ☆をリンクに追加しました。
山形で、誰でも気軽に日本舞踊に親しんでもらいたいと言うモットーのお教室をなさってます。
実は、大学の友人です。
今度、東京で公演があるそうなんですが、残念ながら予定が合わなくて行けません(涙)。
微力ながら宣伝活動のご協力を行ってみました。


リンクフリーだから、とだいぶ前からこっそり追加してあったカトーさんのキリヌケ成層圏も遅ればせながら紹介させていただきます。
すごいですよ、この方。
知らない有名人(哲学者とか芸術家とか)が多くて、ページを開けて「誰?」とか言ったりしますが、誰であってもすごい事には変わりない。
ご覧になって「すげー」と思ってください。
人気のブログなので、ご存知の方も多いでしょうが、未読の方は是非。
銀座春模様
数寄屋橋交差点の桜
納品の帰りに撮った数寄屋橋交差点の桜。
まだまだ咲き初めですね。一時暖かかったんですが、急に寒くなったから満開の時期が少し遅くなるんでしょうか?
まぁ、お花見とか行きませんけどね。花粉症だから…。

4丁目交差点のお花
4丁目交差点に植えられていたお花。何でしょうねこれ。ガーベラの類かな。
ピンク色のお花が咲いているのを見ると、春めいたなぁと思います。

マリオン時計
マリオンの前を通ったら、丁度正時にあたったのでカラクリが姿を現したので、しばし見学。
カラクリ時計であることを意識してませんでしたけど、そっか、あれ、動くんだ…。