FC2ブログ
fx
思い出その2
針金細工
前によく作っていた物に、針金の籠があります。
飾りにビーズを散らして、ストラップにしてみました。
ステンレスのワイヤーは変色しないけど、編むのには硬すぎて、あんまり綺麗な形にならないんですよね。
一般的に売っている一番細いやつを使って、結構大量に作った記憶がありますが、手元に残ってるのはこれだけの様です。
懐かしかったので紹介。
とにかく、指に刺さる針金が痛かったと言う記憶ばかりが甦る。

思い出のシリーズは、ちゃんと確認してブログに書けそうな物があれば、また出します。
何を考えて作ったのかわからないタティングが割といっぱいあったので、見てみないと。
キャストしたタティングのモチーフも、どこかに埋もれているはずなんだが、どこにあるやら。
スポンサーサイト
思い出の…。
友人との飲みは普通に楽しかったです。途中で社長から呪いのメールきたけど…。
黒背景に顔無し(ジブリ)が立っていて『フッフッフ… に連れてかないと、夢に出るぞぉ~』ですって。
ものすごい力抜けた…。友人も楽しんでくれましたよ、うん。連れて来るなと言われましたけど。
これ、別の友人に転送しときますね。社長の人気は私の周辺で高まってますよ!
ただし、遠くから観察したい派の連中ばっかりですけど。

何コレ?

何コレ?
日曜日に部屋の模様替えをしていて発掘した昔編んだレース。
キャスト(銀にした)したレースを土台に、エメラルドの原石を入れて上にカバーのようにレースをかぶせてあります。
多分、球体にしたかったんだと思うけど、思いっきり敗れ去っている…。

タティングレース
二色使いのタティングのチョーカー。糸始末とか金具付けとか途中ですが。
こんな物も、大量に作ってました。デザフェスに出展していたりしたので。
部屋はそこそこ片付きましたが、すごく疲れた…。