FC2ブログ
fx
オヤ展
オヤ展
ギンザ ギャラリーハウスさんで開催中の『OYAの花麗祭』を見に行ってきました。
納品のついでにだったので、あわただしくちょっと見て、挙動不審に質問とかして去ってきてしまいましたが。
お騒がせしてすみませんでした。丁寧な回答ありがとうございます。
オヤと言うのはトルコのレースだそうで、私は『七海光(ななみこう)』さんの著書を見て知りました。
その先生の主催する教室展らしいです。


残念ながらその著書は、雄鶏社の物で…。私は倒産の際に買いあさったので持ってます(笑)。
このオヤの中に、タティングと同じ系統の物があると聞いていたので、何とか見るだけでも!と無理言って業務中に行かせてもらった訳ですが、行って良かったです。
全体的に、本で見て想像していたのとは違う、細い、繊細な作品ばかりでとっても素敵でした。
4月3日までやっているようなので、興味のある方は是非行ってみてください。
スポンサーサイト



石の彫刻
彫刻石・山
今までカット石の話が多かったので、石の彫刻の方法を軽く解説します。
石の彫刻は、カット石と違い、決まった形がありません。
今回は山の見本を使って解説したいと思います。
順番に一気に並べるとこんな感じです。
左上→右下の順に並んでいます。
こちらも水晶製です。

彫刻石・山
まず、思う形を書いて切り出すところから開始です。

彫刻石・山
ざっと切り抜いた物を、グラインダーで整えます。

彫刻石・山
大きさが整ったら、次は厚みです。
山の頂上を薄く、ふもとの方は厚めに残しておくと、より山らしい雰囲気になります。

彫刻石・山
山の稜線を入れて山脈らしさを出して行きましょう。

この辺りまでは、グラインダーで行えますので、カット石と同じ道具を使用すればOKです。
彫刻らしい説明は次回。