FC2ブログ
fx
切れちゃいました
クォーツ丸球
そろそろやばいかなぁと思っていたのですが、先日テグスが持たなくなり、切れてしまったクォーツのブレス。
かなり昔に作ったものだったので、テグスと金具を使っていたのですが、せっかく変えるならゴムにしようと思い、材料も用意してあるのですが、手をつけられず…。

実は一個だけムーンストーンが入ってますが、他は全部クォーツ(水晶)です。
石は本当に色々な表情があって面白いですね。
道端の気になる物
昨日とは一転して、すごい晴天です。
窓辺の温度計はそろそろ私の体温を突破しようとしています。
言ってもしょうがないけど、何とかして欲しい…。

落し物?
通勤時に見かけた光景。
コンビニのすぐ近く、多分10mも離れてないのではないかと思われるガードレールの上に、ぽつんと乗っていたペットボトル。
2口程度しか飲んだ形跡がなかったので、なんとなく気になって激写。
しかし、こんなもの撮ってる見知らぬ人を見かけたらちょっとやだろうな。

近くのコンビニで買って気に入らなかったのか、まったく無関係なのかはわかりませんが、なんとなく心に残る光景です。
帰り道ではなくなっていたのですが、あぁ言うのって捨てられた所のお宅の方が処分するんでしょうか?
ごみすら有料になってしまった昨今、より気軽に人に任せようと投げておく人が増えているのだろうかと切ない気持ちになりました。
雨ですね
そろそろ梅雨も近いのでしょうか?
昨日から雨が降っています。私は、細々と降っているのがちょっと苦手。
降るならバケツをひっくり返したような勢いのよい雨が好きです。
その中出かけるのは嫌いですが(笑)。
水害に発展するほど降ったら困りますけどね。
稲妻も好き。あれ?これ、夕立じゃん…。

カエル裏
雨なので、雨らしいものを載せてみました。
これは、昔作った物なので、写真の形式が違いますね(笑)。
これは裏から。
透けて見えてるのは何だと思いますか?

カエル
スモーキークォーツの葉っぱにカエルが乗ったペンダントブローチです。
ブローチ金具が葉脈に沿って丁寧に曲げてあります。
カエルが落ちないように穴を開けて地金を通し、裏からダイヤを留めてあります。
葉っぱ自体も、きちんと穴を貫通させて留めてあるので、落ちたりしません。

と、言う話を写真を頼りに聞きだしました。
現物は、私が入社した時には、もう無かったもので(笑)。
研磨した葉っぱだけだったら、転がってるんですけどね。
これに、穴を開けて細工をするのは、とても神経を使う難しい作業だとの事です。
穴を開けたときに割れた葉っぱも放置されてます。
放置してある物本当に多いな…。って人の事は言えないわ、私も頑張ろうっと。
無茶なスパゲッティ
スパゲッティ
先日買って来たスパゲッティです。
人生で遭遇した一番大きな単位ですね。

スパゲッティ
そのサイズ、5kg。賞味期限のシールの隣に5000gと書いてあるのが見えるでしょうか?
おかしいだろ、飲食店でもない会社にこれが存在するのは…。

とは言っても、買ったのは私です。
だって、安かったんだもの。
会社帰りに立ち寄ったアメ横にて悩んだ末に購入。
駅に行くまでの間に、重さのあまりダウンしかけ、仕方なく会社に置きに再出社(笑)した、切ない思い出があります。
スパゲッティの消費量がとても多い方がいらしても、思わず買うにはちょっとキツイ量だと警告しておきます。
ローラー
ローラー
久々の工具紹介。ローラー。
昔、知り合いが圧延ロールと呼んでましたが、ローラーと呼ぶ方が一般的でしょうか?
圧延ロールだと、ものすごい大きい物を想像するのですが、どうでしょう?

地金等を欲しいサイズに伸ばす時に使います。
手前側(下写真左)が角棒作成用。奥が平板用(下写真右)です。
ローラー ローラー

平板用の一部に角棒用の溝が切ってあるものや、一台に複数のローラーがついているものもあります。
ハンドルを回すと、ローラー部が回ります。
上下のかみ合わせを調整した上で、地金等を挟んで通してやると、上下からの圧により変形します。
自分の欲しいサイズになる様に、少しずつ調整して延ばしていく道具です。

焦ってやろうとすると、割れがきたりしやすいので、少しずつ丁寧に取り組む方が無難です。

気温31度突破
ところで、暑いです。
窓辺の気温は31度を超えました。
久々に扇風機を出しましたが、衣替えはまだしてません。
でも、寝てたら朝4時半に蚊に起こされました。もう夏か、夏なのか…。
ピラミッド
ファントムクォーツ
え?これ、カテゴリルースでいいの?
でも、研磨してある以上、ルースと考えるべきなのか…。
「別にペンダントにしてもいいじゃん」と言われ、ちょっと悩んでます。

ファントムクォーツ
ファントムクォーツの研磨石です。
26×28×15mm 7.00g

サイズと重量だけ見れば十分いけるけど、ピラミッドじゃなくなるよね?
いや、いいけどさ。

気を取り直して「縦にするとちょっとお魚に見える」と言ってみたらば「俺には石にしか見えない」と返されました。
それは、私にもわかっているのですが…。

そう言えば、外国の友人に見せる為に、翻訳用プラグインをつけました。
確認がてら、英語を見てみたんですが、面白すぎて涙出た。翻訳って難しいですよね~
何故か半分
お花
今日も銀座をてくてく歩いていたら、目に優しいお花の群れが。

……………半分造花なんだけど。
何故?どうして?潔く全部造花とかに出来ないものなの?
季節によっては本物の時があるとか、そう言う流れ?
謎です。あまり普段通らない道なのですが、今後、気が向いた時は観察に行きたいと思います。
製本用プレス機
製本用プレス機
一般家庭にありがち(笑)な、製本用プレス機。
まぁ、私、これに似たものを見たのは、専門学校時代にべっ甲の授業を取った時位ですが。

祖父が生前製本を趣味としており、遺品としてもらったものです。
製本用包丁とかもあります。
紙を切る包丁は、本当に紙だけしか切らないようにしないと、すぐに切れ味が落ちてしまうので、他の物と混同しないように部屋に置いてあります。
今は、自分用の手帳を作る時位にしか使ってないです。
挟まっている白いのが、今作っている手帳です。

残念ながら祖父が作業をしているところを見たことが無いので、使い方がわからない道具が沢山あったり。
実に適当に使ってます。おじいちゃんごめんなさい。

家は一般家庭ですよ。誰がなんと言おうとも。
彼の行く末
ついこの間のことです。

納品に行くべく、いつものごとく山手線に乗っていた私の目の前に乗ってきた修学旅行風の男の子(中学生?)の集団。
「1・2・3・4・5!よし!全員乗ったな!」
と確認している後ろで扉が閉まりました。
その声に顔を上げると、同じ雰囲気の少年達が。…6人?
「待ってて!待ってて!!」
必死でホームに叫ぶ少年A。
全員乗ったんじゃ??しかし、点呼は5だったような?

興味津々で聞き耳を立てていると、どうも5人単位の班別行動中で、前の班は全員乗っているのだが、後の班の1人目だけが、飛び乗ってしまったらしい。

A「どうしよう、待っててって言っちゃったし帰らないと!」
B「じゃぁ、向こう(正しい方向を指差す)のホームから乗り換えだな」
C「次で降りて、あっち行けばいいんじゃん?」
割としっかり者のB君は班長さんでしょうか。

で、次の駅について、少年Aは別の班の子達に別れを告げ、軽快に去っていきます。
しかし、残念ながら、走り出した電車の中では新しい騒ぎが勃発していました。
B「何で、向かいのホーム(乗っている電車と同じ方向に行く)の電車待ってんだよ!」
C「それは京浜東北だぞ!あっち行けあっち!」
D「あいつはもう、だめだ…」
B「迷子だな、完全に…」
E「で俺ら何処行くんだっけ?」
B「新橋だよ!新橋!」
E「次か!」
B「何でだよ!」
次は有楽町だよ…。B君苦労性だな…。

A君はその後どうなったのか、知る術はありませんが、ものすごい気になってます。
多分、乗り合わせた人たちも皆、気になって仕方なかっただろうと思いますが、誰もどうすることも出来なかった…。
携帯電話とか持ってないもんなのかな??
思い出したら面白くなったのですが、こんな小さな事件って、何処ででも起こってるんでしょうね。
コースター
レース編み
最近、やたらとチャレンジスピリットなドイリーを紹介していましたが、前回の記事を上げた位の頃に、影の人から
「俺が見ても、違いがさっぱりわからないんだよね…。何にこだわって編みなおしているのか多分誰にもわからないと思うよ」
とそっと忠告されました。
がーん。

そんな訳で、大変無駄なこだわりを主張し続けるのは中断して、違う物を作ってみました。
コースターです。
これは、昔から編んでる定番なので、形は落ち着いてます。
エミーグランデを使うと、丁度コップの下に敷けるサイズになります。
レースのコースターは、あんまり繊細な物だと、コップのかいた汗に負けてべちょべちょになりますが、この位太い糸であれば、そんな心配もしなくて大丈夫!
せっかくなので、コースターらしく5枚セットにしようかと同じものを編んでます。
これが終わったら、色違いでまたいっぱい編んでおこうっと。

使用糸:エミーグランデ<ハーブス> 600番
ちなみに、シャトル(編む道具の名前です。写真では金色の奴)が、爪楊枝とほぼ同じ大きさです。