fx
手抜きです。(キッパリ)
クリスマス前の工房らしく・・・(^^;

久々に・・・(・・;



更新が、今。

でも、何を書いて良いのやら・・・(_ _;

とりあえず明日も残業だね。

ねっ、風樹さん!!

では、お疲れ様でしたっ
スポンサーサイト
多分、今年最後
ききょうやの朝
山梨に行ってきました(笑)。

渋滞に巻き込まれない様に、朝早く出かけて無事に着いたので、立ち寄ったききょうやの様子。
8時半位に着いたので、確か9時オープンだったよね、と工場に行ってみると既に行列が。

日本人の性として、私達(私と母)も並んでみましたが、詰め放題の整理券の配布だったので、もらわずに帰りました。
何で並んでるのか聞いてみる手間を惜しむんでしまった。だって、オープンまで暇だし。
詰め放題は10時からみたいですが、普通のアウトレットのお菓子の購入は9時からだったので、久しぶりにいっぱい買って来ました。
欲しいものが置いてあるかどうかは運次第で、一番欲しかったものは手に入らず、残念でした。
また今度行こうっと。

ファクトリーセールは、今回も楽しく見学してきました。
流石にもう抽選には当りませんでした。でも、わくわく感がたまらないので、来年も行きたいと思っています。

そろそろ高速道路を走るのも厳しい時期になりますね。雪で。
今度行くのはまた来年かな。
ディスクで組んだ紐
ディスクで組んだ紐
27日は組紐・組物学会の講演会とワークショップに出かけてきました。
色々な組台が今回のテーマ。
台が無い状態で自作した人達の、オリジナリティあふれる台の写真とか見せてもらってとても楽しかったです。ダンボール製とか結構あって、あれでも良いのか!と目から鱗が落ちた気分です。
日本(海外には無いから、日本のみ)だと、お風呂用の椅子を使う方が多いみたいですね。
実は私も最初はそれでした。
小さい頃、母が作ってくれたんです。懐かしいなぁ。

写真はワークショップでやった、組紐ディスクを使用して作った紐。
どういう風に糸が動くかを把握するために、全色違う色を使っているので、とてもにぎやかな感じです。
上の丸く変わった感じに組んでいるものについては、頭を使ってやっているはずなんですが、かなり盛大に間違ってます。
どう間違ったのかすら理解できない状態なので、とにかく前に進んでみました。
いっぱいやると、糸目が見えてくる筈なんですが、今はただ機械的に手を動かすのみ…。
祖父のお手製手帳
手帳
部屋を掘り返していると、これでもかと言うほど出てくる、祖父のお手製の手帳。
微妙に色彩センスの合わない物が未使用のまま残っているところが、私の心理を表している。
金文字で『Note Book+私のイニシャル』とか入ってるのもあるし、ちゃんと使わないとなぁ。
お祖父様ごめんなさい…。

和綴じ、ノート、ハードカバーとどんどんレベルが高くなっていった祖父の手帳。
同じ様に作るには、かなりレベルアップが必要だと思います。
まだいっぱいあるし、ここまで出来なくてもいいか、と思っている辺り、成長の余地なし。
刻印
刻印3種
工具紹介。

基本的なところもちょっとは押さえようかと思い、刻印なぞ出してみました。
刻印は、石目(石の重さ。カラットで表記される)や、地金の品位(K18・Pt900等の種類や割合)を地金に打つ道具です。

左から『直(ちょく)』『曲(きょく)』『大曲(おおまがり)』と呼んでいますが、正式な名称だろうか?
文字通り、真っ直ぐなのと曲がっているのとと言う分類です。
刻印を打つ物が平面なのか、リング等の上部に障害物がある物なのかによって、使う形状を変えます。
平面に打つ場合は『直』を使うと打ちやすいのですが、リングには使えないので、割と万能に使いやすい『曲』の刻印が一番多いです。

刻印
引き出しいっぱいの刻印。
地金の品位、石目等、どのような刻印をどう打つかは、それぞれ違いますので各種様々いっぱいあります。
ダブってるのもありますが、多分、よく使うものだからでしょう。
年末になると一度油を塗って整理して順序良く並べておくのですが、たまに行方不明者が出ます。
引き出しを引っ掻き回すのは結構面倒です。
年の瀬を感じる
マリオンクリスマスバージョン
クリスマスバージョンになっていた有楽町マリオン大時計。
曲もクリスマスっぽい物になってました。歌詞はわかるが曲名がわからない…。
まぁ、フィーリングで感じて下さい。

年末ジャンボ列
そしてまた、マリオン近辺から見る年末ジャンボ発売日(昨日)の行列の様子。
有楽町チャンスセンター1番窓口用の列。今まで見た中で一番長い。
遠くで小さく写っている黄色い看板が最後尾。
寒空の下、何時間待つんだろう…。
超音波ヘラ
超音波ヘラ
工具紹介。
先端部を当てるだけで超音波の振動で金属光沢が出ると言う超音波ヘラHyper Sonic君です。
洗浄器と同様、どうしても音を立てずにはいられないらしく、使うと『キュイー!』っと自己主張します。
何故か、嫌がっている様にしか聞こえません。

普通のヘラと違うのは、自分で力を入れなくていいことです。
残念ながら、両方ともあまり上手く扱えません。
ヘラ磨きって、そのまま仕上げるのは結構キツイよね…。
どうしてもヘラを当てた跡が残ってしまうので、最後にバフを当てる羽目になるのですが、上手い人はヘラで仕上げたら美しい鏡面になるらしい。
職人の世界は奥が深いです。
浅草観光続き
浅草お昼
特に続けられるほど何がある訳ではないんですが(笑)。
せっかく食事の写真をね、手をつける前に撮って友人に絶賛(「ついにちゃんと習慣付けられたのね!」「いや、今日はたまたま思い出した」「駄目じゃん」との素敵な会話にて)されたので、出しておこうかと。

浅草お昼
うさぎもなかが可愛らしいのでアップで。
来年の干支が兎のためか、街は兎であふれてました。可愛い干支羨ましい…。
自分で詰めるタイプのもなかは、パリッとして好きです。

浅草おやつ
そして、食後のデザート(違う店)。
カキ氷が魅力的だったんだけど、この気候でカキ氷を食べるのはやっぱりどうだろうと考えて和風パフェ。
カキ氷って、夏に食べようにも店内が冷房で寒くてどうしても食べられない、私にとって幻の品。
冷房のないカキ氷のお店に行きたい…。
そして、アイスクリーム頭痛を起こしたい…。来年の夏は是非やろうと思います。

その後、友人お薦めの大学芋とか食べました。
焼きたてのカルメ焼きが食べたかった気がするんですが、人ごみを掻き分けて屋台を探しに行く根性がありませんでした。
列記していて、どんだけ甘味好きだよ、と己に突っ込んでしまった(笑)。
また今度、人ごみへの覚悟を決めて、じっくり遊びに行ってきたいと思います。
浅草詣で
浅草寺
昨日、久々に会う友人と何故か浅草に行きました。
えっと、貴女確か東京在住の人だよね。何故にこの時期に浅草なの??
多少の疑問をはらみつつ向かった浅草は、とても混んでました。私達、日本有数の観光地をなめてたよ!

おみくじ
人生でほとんど引いた事の無いおみくじなんぞも引いてみて、凶を引き当て(友人は大吉だった)、凶は結んで帰るようにとの事なので写真に撮っておきました。
何、この何事も成就しなさそうな悲しめの運気…。
特に『うせものいでがたし』は、かなり悲しいんですが…。他は予定ないから良いかなと。
写真とか撮っていいものなんだろうか?全部捨て去って来ないといけないものだった気がしてきました。

でも、サンバカーニバルの時に入れなかった甘味屋さんに行ったりできて、とても楽しかったです。
お寺の参拝方法って、どうなんでしたっけ?二礼二拍手一礼は神社?伝統文化は謎が多い。
新しいシャトル
シャトル
タティングのお教室に行って、新しいシャトルを買いました。
ボビンを挟み込むタイプ。
前に買った金属製の物は、どうも好みにあわなかったので、ちょっと加工を施そうと思いつつ放置しています。
でも、ボビンに巻くスタイルは、理想にどんぴしゃなので、見ると欲しくなってしまう。
これも加工して使った方が良いかもと先生には言われましたが、やるかなぁ私…(笑)。

いっぱい持っているミシン用のボビンにミシンで糸を巻いて、そのまま使えたら楽だよな~と思っています。
いつかそんなの作るのさ~♪と言うのが野望です。

シャトル
使ってみると、確かにちょっと引っかかる部分はあるものの、かなり使いやすいです。
先端のかぎ針が糸を引き出すときにとても便利。
でも、間違えたとき解くのはちょっと大変でした。
この辺はコツの問題だと思うので、しばらく使ってみたいと思います。