FC2ブログ
fx
痛恨の…。
痛恨のミス
何となくいい感じになってそうな雰囲気を漂わせていた華麗
10段目を編み終え、広げてみたらあらびっくり。

8段目一ヶ所飛ばしてるわ…。

切って編みなおすべきか、それとも、このまま放っておくべきか。
しばらくの間、長考と言う名の放置の方向で、どこか目に付かないところにしまっておこうと思います。

多分、もうそろそろ終わりだ!って思った時に気を抜いたんだろうなぁ。
次の段がなければ、切るのに悩まないんだけど、この状態からやり直しは辛い。

やってみて思ったんですが、100番レース糸でタティング編んでも、細かすぎてよくわからないのは悲しいですね。
40番くらいの方がドイリーは可愛い気がする。編むのは楽しかったんですが、かなり疲れたのも事実。
もし、再び挑戦する気になったら、次はもっと太い糸でやってみたいと思います。


※パターンは『タティングレース』聖光院有彩著よりお借りしております。
スポンサーサイト