FC2ブログ
fx
探し物は…
朝露
先日、うっかりミスから、作り直し不能な大事な小さな部品を無くしてしまいました。
残業中で、上司は既にいない。とにかく探し出さなければと室内をうろうろしつつ時間が過ぎていく恐怖。
だいぶ時間も経って、あんまり遅くなると心配するからと自宅に電話をかけます。
私「部品が飛んでっちゃって、見つからないよぅ。帰りはいつになるかわからないよ…」
母「その声じゃもう見つからないから、帰ってきなさい」
お母様、私、声で探してる訳じゃ…。こうもりじゃないんだからさ…。
しかし、暗い部屋で暗い気分で探しても上手く行かない、という主張は分かったので素直に帰宅する事にしました。
そりゃぁもう、服と体と荷物は嫌って程叩いてから、ブルーな気持ちで帰りました。

明けて翌朝、5時起きで必死に出社し探し始めると、1時間もせずに見つかったではありませんか。
朝の光は偉大だ。

そんな訳で、異常に早い時間から会社で気を抜いてだらだらしていると、上司が出勤して来ました。
「早いじゃん」
「~と言う訳です。無事に見つかってホッとしているところです」
「探し物はなんですか~♪」
「見つけにくい物ですよ~、鞄も机も探しましたよ~」
「夢の中へ~♪」
「夢は見ずに寝ましたね、夢の中に出てきたら、かなり悪夢でしょうね…」
「トゥ~ルルルルッル~♪」
「前奏から歌いなおさなくていいですよ~」

それ以後、思い出したように、トゥ~ルルルルッル~♪と歌われています。
何で前奏だけで去っていくんだろう。自業自得かもしれないけれど、ちょっとイライラしています。
スポンサーサイト