FC2ブログ
fx
小モチーフの糸の長さ
小モチーフ
最近、タティングレースで何かを作る時に、糸の長さがどの位でどんな物が出来るのかを色々考えています。
端的に言うと、あとりえシシカスさん(外部リンクです)の5mの糸見本帳を思い切って買ったから、これで見本集を作るにはどんなモチーフが良いか試行錯誤してるんですけど(笑)。
写真の物だと3m位です。色も全色出てるし、糸で見られるだけの量も残るし、悪くないかな~

糸は残る方が良いのか、それとも全部使い切ってしまう方が良いのか。
楽しい悩みです。
とりあえずは、どんなものを結っていくと飽きずに160個以上同じ物を作れるかについて、自分に問いかける事が重要かな。
色が違えば、同じ物を作っても飽きないだろうか?う~む。
傘とパン
傘とパン
何これ、この駅(駅構内にありました)は日常生活の後押ししてくれるの?
でも、ビニール傘500円はちょっと高い気もする。

パンの缶詰は、無事に補充されている様ですね。
前見た自販機とは違う個体(笑)ですが、同じ駅だから条件は同じだと思います。
割と有名な都内某駅。おしるこやら甘酒やらを売ってるのも、同じ駅です。
来る度に掘り出し物があるなぁ(笑)。
小さい食べ物
ミニシリーズ
ヤマザキの大きな菓子パンが続々ミニシリーズになってます。
ナイススティックの短さに笑いが止まらないですよ。大元の半分位でしょうか?
コンセプトがぶれてないか?大丈夫か?スティックっぽくなくなってるぞ!
いや、懐かしさのあまり買って食べたけどさ。

北海道チーズ蒸しケーキは焼印だったはずの北海道が袋の印刷だけになっていたのが印象的。
他にも色んな物があります。胸焼けしないで食べられるイチゴスペシャル小さい版の話を書きましたが、それと同じ系統ですね。

これらと一緒に育ってきた世代の人間が『好きだけど、大きいのはちょっと無理…』って声でも上げたんでしょうか?別に従来のサイズが無くなった訳ではないですし、選べるのは嬉しいです。
ところで、コーヒーサンドモカ(イチゴスペシャルと同じ形でコーヒー味の物)が最近熱烈に食べたいんですが、まだ現役なんだろうか?見かけないんだよな~
お芝居の話
お芝居の話
友人の串山麻衣ちゃんがお芝居の案内をくれました。
ごめん、カバンに入れたらちょっとよれた…。

7/4~8、ちょうどお芝居が見たいなぁと思っていたところだったので、行って来ようと思います。
まいまいカタツムリ企画VOL.3
イヨネスコ「椅子」
不条理喜劇ですって。楽しみです。

『椅子はたくさん出てきますが、客席数がとても少ないです。当日券の場合、客席状況によってはご入場が制限される場合があります。』
チラシに書いてあったメッセージを読んで首を傾げました。
当日券がいっぱい出たら、椅子を追加するけど、無理は出来ないよって事かと思ったんです。
芝居の小道具に椅子をたくさん使うって事だよね…。自分の日本語能力の無さにちょっとがっくり。

お芝居って見るだけでもエネルギーが必要ですよね。
やる方はその何倍も大変なんだろうなぁ。演者だけでなく舞台裏も考えたら、どれだけの人がかかわっているんだろう。芝居って贅沢な物ですよね。
情熱を持って続けている友人を尊敬しています。
本人のブログにリンク(外部リンクです)しておきますので、ご興味のある方は是非お訪ね下さい。

毎度おなじみの
このギャラリーでやってる時は、並列で紹介する場合が多いなぁ。
毎度おなじみ、井上陽介先生の個展です。ずいぶん会期が近いのでびっくりしました。
吉祥寺リベストギャラリー創さんで本日より13日まで。
12時~18時(最終日17時まで)との事なので、こちらもお近くの方など足をお運び下さいませ。
上開き補充型
上開き補充型
自販機道は奥が深い…。

最近は『これは素晴らしい!!』という自動販売機を見なくなりました。
ただ観察に飽きただけかもしれないけれど。

ですが、見た事がない物を見て興奮する事は未だにあります。
上の方にロゴがあるのを気にした事が無かったんですが、まさかそっから補充が可能だとは思わなかった。
本体の真ん中辺に取っ手が付いている事を考えると、前面全体も開くんだと思いますが、その時も上を開けないと補充出来ないのだろうか?
ショッピングカート更新
ショッピングカート
ショッピングカートに金属製シャトル及びシャトルミニチュアペンダントを追加しました。
右側のショップバナーからご覧下さい。

ミニチュアシャトルペンダント
こちらは、ミニチュアペンダントの写真です。
手前は以前に出したK18彫り模様付の特別仕様の物。
通常の物は、シルバーで彫り模様はありませんが、ご希望があれば加工できますのでご相談下さい。
金剛砂
金剛砂
『こんごうしゃ』と読むのか『こんごうさ』と読むのか今一つあいまい。
私は『こんごうしゃ』と発音します。

梨地(なしじ(ぢ))という、文字通り梨の実の表面の様な光らない金属面を作る時に使う道具です。

金剛石というとダイアモンドの事なのですが、これはガーネット(ザクロ石)。
バケツに入れた石が全体的に沈む位に水を入れて、水ごとロウトですくいます。
それを、高い所から梨地にしたい場所にぶつけます。
水流で勢いよくぶつかっていくので、両方の手の位置を考えて作業しないと、後で大変なことになったりするのでちょっと注意が必要(笑)。
梨地にしたくない場所にはマスキング(セロハンテープなどで覆う)をします。

金剛砂
拡大するとこんな物です。
サンドブラストでも、似た仕上がりになりますが、粒の大きさが違うので使い分けたりしています。
雪その13
雪その13
『Tatted Snowflakes Collection』 By Jon Yusoff から
雪その13

タティングレースの雪の結晶シリーズも、もう後少し。
夏になる前になんとかしようと決意し、やってはみてるけど、決まらないなぁ。
今回はシャトルの持ち替えがちょっと大変なスプリットリングを多用しています。
そこの部分の大きさがまちまちなのが悔しいので、またやってみようっと。
前回に引き続き糸は、DMCのスペシャルダンテル#80です。
滝っぽい
水
用水路みたいなところのちょっとした段差ですが、近付いて撮ると滝っぽい。
これから暑くなると、こういう写真は貴重かなと思います。

水の写真を撮りたいなぁ。
謎の調査
ミラー
歩道の端に立ってるミラー。
これ日本語で何と呼ぶんだろうか?
自動車のフロントガラスとかバックミラーとかね、たまにこれを純粋に日本語で表すなら何と呼ぶのかと気になる事があります。カタカナ語(英語ではない)でしか呼んだ事のない物って意外と多いですよね。
フロントガラスなのかグラスなのか、そしてスマホはスマフォではあるまいかとか、たまに気になると止まらなくなる事があるんですよ…。

ミラー
えー、そんなミラーの棒に貼ってある文字がふと気になりました。
『平成24年度 調査済 荒川区』
何の調査してるの?悪くなってないかとかかな?たまに折れそうなのとかあるよね。
全部の物を調査してるんだろうか?どこの市区町村でもやっているのか?
これからは、気にして見てみようと思います。