FC2ブログ
fx
刻印の使い方
刻印の打ち方
刻印は前に形を取り上げた事がありますが、使い方なんかも説明しておこうかと写真を撮ってきました。
写真を撮るために上の方を人差し指で支えていますが、本来、中指がある辺りに人差し指も来ます。
そして、人差し指がかかっている辺り、刻印の一番上を、ハンマーで叩き、板に文字を打ち込みます。

固い刻印を上から叩きつける事で、刻印の出っ張っているところから地金が押し出されてくぼみができます。
この『K18 0.5』の文字は、打った時に出る文字と文字のサイズ。この場合は縦方向が0.5mmになります。
サイズは『小』『極小』『小々』等、何ミリだよと言いたくなる物もいっぱいあります。
入れる場所に応じて使い分けます。基本的は0.6mmを使ってます。

刻印された物
こちらが、刻印が打たれた板と刻印の先端。
ちなみに銅板です。こう言う、不当表示(笑)の板は世の中の工房やら学校やらには沢山ありますが、世に出さないことになってます。
大抵、練習は銅板でやっているはずです。素材として使いやすいので。

刻印
ちょっと見づらいですが、刻印の先端がこちら。
はんこと同じく反転文字になっています。
スポンサーサイト