fx
水晶と紫水晶のモニュメント
アメシスト原石
久々にアメシストの原石を引っ張り出してみました。
これらは一番大きいところで50mm位です。大きいような小さいような。
色石は、サイズを小さくすると色が抜けたりするそうで、大きい状態である程度の色が付いていないと、小さく研磨した時に、色が無くなってしまう場合があるみたいです。
怖いわぁ。色が付いていてこその価値ってところがありますから、原石の状態で美しくても注意が必要なんですね。
まぁ、このサイズと色なら、小さくしてもアメシストだとわからないなんてことはないでしょうけど。

甲府駅モニュメント
それもこれも、こんなのを見たせいです。
甲府駅の広場にあるモニュメント。
水晶と紫水晶(アメシスト)で出来ているそうです。時間または謎のストラップを所定の位置に置くと、光が変わる?らしいです。
そのストラップどこにあるの?と思わず突っ込んでしまいました。
丸く削った石を吊り下げて、水晶の球の中に紫水晶の円錐を作っています。
中の紫水晶の色がものすごく深いんですよね。大きな状態ではどの位の感じだったんでしょうか。気になります。

残念ながら電車の時間の都合で、変化を見られなかったんですが、今度は是非光ってるのを見てみたいです。
次行ったら無くなったなんてことがないと良いなぁ。
スポンサーサイト
春戦線
自動販売機春戦線
今年の戦いはどうなんだろうとつい思ってしまう。
いや、自販機の飲料にどんな期待をしているんだと言われると困りますが…。
季節感はどこにやったのよ?

自動販売機春戦線
そして、メニューの微妙さはどう考えればいいんだろうか…。
味を想像すると、どうしても微妙な気持ちになるんだが…。
花盛り
つつじ
あまり周囲を見回さずに生活していた事に、花を見て気が付いた。
満開ですね。
夕方、結構暗くなってから撮影したのですが、勝手に夜モードになって明るく撮れました。
新しいカメラにしてから、真剣に写真撮ってない事にも気付いたから、もうちょっと周りに目を向けようっと。

紫の花
ただ、花は構図が難しいですね。
人様のお宅の花に勝手に触る訳にもいかないし、肉眼で見ると綺麗なんですが、写真として見てみると、しぼんだ物が一輪あると気になってしまう。写真は残酷です。
ちょっと可愛いかな?
可愛さアピール
通勤中に見つけた、不用品の箱。
『つかって~~』が可愛い。
これで誰かが使ってくれれば嬉しいだろうと思いますが、どの位の量が持って帰って使ってもらえるんでしょうか?ゴミ捨て場に落ちていたちゃぶ台を拾って使った事はありますが、食器はないなぁ。
イーネオヤを太糸で作る
太糸によるオヤ
エミーグランデと毛糸針で作ったイーネオヤの花。
もはやオヤだと言い張りにくい物を感じる。
手前にあるのが、同じ目数でイーネオヤ用の糸を使って作った物。
手加減が安定してないから目ががたがたなんですが、これはこれで迫力があって面白いかなと思っています。
ただ、硬い感じが出ないのがちょっと残念。
オヤ糸で作ると『これが糸?!』と思うようなカチッとした手ごたえがあって、それも魅了の一つだと思いますが、うまくいかない物ですね。
道具を変えて、もうちょっと作ってみようと思います。
コーティングと日本語
コーティング剤
最近、コーティングを頑張らねばならないお仕事が多いです。
メッキをかける前に、メッキをかけたくない部分にコート剤を塗る作業ですが、気を使うし時間がかかるし、揮発系溶剤だから臭いがするし大変。
前回は缶だけ写しましたが、中身を出したので撮ってみました。
これは赤いですが、色々な色がある様です。塗った部分が分らなくならない様に色が付いています。

この作業、昨日からやっているのですが、雨が降っていたために窓が開けられず、延々やって疲れてきた頃、気分転換に母に帰宅連絡のメールを出しました。
『雨だかららりらりするけど、頑張ってお仕事して帰る。遅くなる』
…意味不明です。
母も困惑したらしく『体調が悪いなら無理せず切り上げろ』と返事をくれましたが、メールを出しただけで満足した私はさっぱり気付かなかった…。すまぬ母…。
うーむ。読み返してみると、非常に嫌な文面だ。そう言えば余力なくて見直しもしなかったわ。
気を付けて書いているつもりでも、文章って意外と本性が出るもんだなぁとしみじみしました(笑)。
渋谷って…。
日本文化的自販
日本のお土産自販機だって!
自販機がいっぱい並んでいる場所を横目で見て、先に進む友人を待たせて突撃したら、思った以上に面白い物があって感激。友人にその感激をわかってもらえないショックをいっぺんに体験してまいりました。

写真を縮小したら中身がわからなくなったので、一部拡大してあります。
手ぬぐい、かんざし、お守り等、日本文化っぽい物がいっぱい入ってました。
缶と似たサイズの筒に入っている所が心憎い!
結構なお値段ですが、売れるんでしょうかね?外国人観光客が多い街なんだなぁと感心しきり。

さて、そんな渋谷は最近変革が多い場所だと聞いてふらふらしてみたんですが、元々あんまり馴染みがないので、どこが変わったのかよくわからなかったです…。
でも、色々面白かったので、またそのうち遊びに行こうと思います。
タティングレース資料

タティングレースの本を検索していたら、新刊が出るらしいと知ってちょっとうきうき。
中でもこの10人の作家さんの色んなパターンが載るという本(タイトルはそのまま『タティングレース』)は見てみたいなぁと思いつつ、買うのは悩んでいる所です。
先日、タティングを教える機会に恵まれまして、家の本を見直してみたら15冊あったんですよね、タティング関連…。
これ以上いらないだろ、作ってないパターンの方が多いよ!みたいな気持ちです…。
中身の確認だけはしたいけど、しばらく自重の予定。


タティングレースの初心者~上級者まで幅広くおすすめの本は『タティングレース新しい世界』ですが、見直していたら最初に見るのはこっちの方がわかりやすいかもと思ったのが、『はじめてのタティングレース』です。


ただこの本、左手の人差し指を立てて、中指を立てる方法もあると紹介しているので、写真と対比して説明するのが中指を立てる派の私には難しい…。
でも、かぎ針をやっていて、人差し指を立てる習慣のある方にはとても好評でした。
写真も多いし、小さなパターンが多いので、とっかかりには良い本だな~と思ってご紹介。
そろそろネタに苦労しています…。
この原石出した事無い筈!と思い込んで写真を撮って記事にする前に一応と思い確認したら記事あった…。
ネタを探す事より、書いた物を覚えているのに苦労しているんだと思います。
下準備をする前に、ブログを確認すれば解決なのに、思い込みって怖いですね。

ガーネット三色
そんな訳で探した別の石。
ガーネット三種です。
色々な色のある鉱物として割と有名。
和名が『柘榴石』ですし、ガーネットと言えば赤と思う方も多いでしょうが、三色ともすべてガーネットです。
色によって名前が違うんですが、どれがどれやらわからない。
色の雰囲気で名前が付いているのではなく、化学組成の違いで分類されているらしいので、言及しないことにします。

ガーネット三色サイズ
背景色を変えて撮ってみたら、違う色っぽく写ってちょっとびっくり。
黒の方が、元の色に近いです。
爪楊枝はサイズの確認用のご愛嬌(笑)。

エメラルド原石
最後に、準備をした写真を悔しいからあげておきます。
前の記事はこちら。およそ三年前。そりゃ忘れるよね!
一部使ったりもしましたが、ほぼそのまま残ってます。
買っちゃった
オヤ糸!
今回の気ままカフェは出張編。
西荻窪のソファさんへ行き、新宿の世界堂本店を全階制覇して、雨にふられつつ日暮里の繊維問屋街を放浪する駆け足のお買い物ツアーを展開してまいりました。
あれ、一ヶ所関係なさそうなジャンルが…。

そんな訳でオヤの糸をいっぱい買ってみました。
大丈夫!糸は腐らない!を合言葉にてんこ盛りです(笑)。
いやー楽しかった。
でも、最近は#10のレース糸でイーネオヤの立体を綺麗に作る事を目標にしているので、この糸を使う日はいつになるのかはちょっと微妙。
でも頑張る。来月はデザインフェスタ中心になりますので、次回気ままカフェは6月開催の予定です。
詳細が決まり次第またブログにあげますので、よろしくお願いします。