FC2ブログ
fx
石の割れ方
割れた石
割れた石のかけら。
結構大きいので、磨きなおせばそこそこの石が取れるかもしれない。

石は劈開(へきかい)と呼ばれる性質を持つものと持たない物があります。
劈開とは、方向によって割れやすい面の事。英語だとcleavage(クリベージ)。
『完全』『不完全』『なし』と表現します。
非常にわかりにくい表現ですみませんが、うっかりどつくと割れる場所の事です。

そんな説明をしている割に、写真の石は両方とも劈開じゃないと思います。
劈開面で割れる場合、もっとすっぱりした面になる筈。
黒曜石の矢じりって説明しようと思って、ちょっと調べてみたんですが、あれとも違うみたいです。
オブシディアンは劈開『なし』でした…。
言われてみると、貝殻状の割れ目ですよね。
雲母(うんも)や方解石等が『完全』な劈開です。
石がスパッと割れるイメージがありませんか?

ダイアモンドは硬度は高いが、劈開が『四方向に完全』なのは割と有名。
絶対に割れない物ではないので、注意しましょう。
普通に使う場合にダイアが割れる事はそうそうないでしょうし、どう注意しろと言うんだと言われるとちょっと困りますが(笑)。
スポンサーサイト