FC2ブログ
fx
井上陽介展を久々にご紹介
井上先生個展情報
先生何作ってんの?
とはがきを見た瞬間に突っ込んで『Sculpture』って何だろうと真剣に悩んで辞書引いた。
『彫刻・彫像』ですって。辞書を引いても悩みは尽きない。

井上先生個展情報
今月の26日~31日まで。12時~18時まで最終日17時。
先日、私が敗れたオサレな街代官山だそうです。横浜行ってぶっ倒れなければお邪魔したいと思います。
現在、花粉症と風邪のダブルパンチで結構きっつい体調になっておりますよ。切ない。

信玄公祭り
ついでに、駅構内で見かけた信玄公祭りのポスターの中に『「輝きの祭典」大宝飾展』があったので、嬉しくなってみた。
ネットで検索しても出てこないから、今年はやらないのかと思ってたよ。
この祭事好きなんですよね~見どころが多いし、プレゼントくれたりするし。

しかし、場所が『県庁防災新館』と言うのはマジか?
今一つ、情報がはっきりしないので、行こうか悩むところですね。
確か、この『県庁防災新館』って、無料のジュエリー美術館があるんですよ。前に行った時に、ビデオがすごく面白かったので、もう一度行きたいんだけど、信玄公祭り中の甲府駅の近くってあんまり行きたい場所じゃないよな…。
去年までは、アイメッセ甲府と言う、結構離れた大会場でやってたから、良かったんだけどな~。
組ブレス
組紐ブレスレット
真鍮で作ったブレスレットをシルバーでも作ってみました。
組紐の技法なのですが、紐じゃないし、組物で良いのかな?
一応『組ブレス』と呼んでおきます。

後ろなのでわかりにくいですが、金具はフック式にしました。

ブレスレットってつけにくいよね!
私が不器用なだけでしょうか?
どうにも難しくて、それなら!とこうなった。
引っ掛ける事は私でも出来るんですが、やっぱりやりにくいと思ってしまいます。
片手だけで金具留めるのってすごい大変じゃないですか?
ブレスレットの正しい使い方をしてるはずなんだけどなぁ。
ビーズ組紐
ビーズ組紐
今回の組紐・組物学会の講習会はビーズ組紐でした。
組紐にビーズを入れて、可愛らしく彩るこの技法は、タティングでも見かけますよね。
実はやったことがありません。
誰もが驚くほどビーズが苦手で…。

あちこちのテーブルを遊び歩いていたら、進まないうちに終わってしまった。
家で頑張れると良いなぁ。
まぁとにかく、横浜アートデパートメントが終わってからにしたいと思います。
やるかな。もう一度声を大にして言おう。ビーズが苦手なんだ!
ちょっと違う…。
俺のシリーズ!
明日、ホワイトデーだよね。と昨日ぽそりともらした(影)。
根性が足りなかったので適当に差し出した板チョコへのお返しを忘れないとは義理堅いな。

せっかくなので最近出たらしき、ファミマの俺のエクレアⅡがとても食べたいよと、要求してみた。
ら、何か違うのが来た…。

ティラミスか。チーズにちょっとだけ苦手意識があり食べた事のないお菓子でしたが、避けていたのがもったいなかった位美味しかったです。
でも、何か違うよ!
しかし、請求した物が店に無かった(おそらく売り切れだった)からと言って、追加の生チョコまで頂いたので、正しく三倍返しをされた身としては、文句はつけられない…。
俺のエクレアⅡは自費で買おう…。
地金相場情報
地金相場
毎回、この記事のカテゴリは何だっただろうかと悩む。
自分の分類方法に疑問を感じる瞬間…。
こんなだから、片付けとか出来ないんだよ…。

またじりじりと上がってますね。
プラチナは違う業種で色んな使い方をされているので、下がらないだろうけど、金は下がるかな~と思っていたんですが、意外と頑張るな金…。
最近見ない気がする
有楽町駅の大黒様
先日、一円玉を拾った。
お地蔵さまとか募金箱とかに入れようと思い、忘れない様に手袋の中に入れた。
手袋をはめるために、何とかしなくてはと思う物の、良さそうな物が発見できない日々。
最近、お地蔵さまを見ないんだよね…。移築されてるのか居なくなっているのか。
もっとあちこちにあった気がするんだけど。

そして、手袋の中身を憂いながら歩いていたら、また一円玉を拾った。
何なの?増殖するの?どうせなら桁が変われば良いのに…。
手袋に入れた硬貨が二枚になったのにプレッシャーを覚え、必死に考えて有楽町駅の大黒様を思い出し無事に投入。
良かった。このまま増えたらどうしようかと思った…。
細い…
ドア
通勤中、ふと気になった扉。
細くて低いよね?

荷物を持って出ようとして引っかかって出られなくてキーッと言う自分の姿が想像できて、結構笑ってしまったので激写。
組物ペンダント
ペンダントとネックレスの違いは何なのか。
そんな事を聞かれた事があります。

基本的に、首回りにする物は全部ネックレス(necklace)。
首回りのレースを想像して素敵だと思っていましたが、laceは「紐」程度の意味の様です。

ペンダントはそのうちの種類の一つです。
ペンダントには「吊り下げる」と言う意味があります。照明器具でもペンダントタイプと呼ばれる物がありますが、それと同様に、何かが一つ吊り下がっている形状のネックレスをペンダントと呼びます。
もしくは、チェーンに吊り下げる物自体を指す場合もあります。物は区別してペンダントトップと呼ぶ事も多いです。

ジュエリーバイブルと言う本によれば、ネックレスの基本デザインは6個。
『チェーン・タイプ、連タイプ、ドックネック・タイプ、ワイヤー・タイプ、シャワー・タイプ、ペンダント・タイプ』
だそうです。写真を見ながら説明を読んでも、知識が生かせる気がしません。それ程細かい区分けだと思っています。仕分けた人にごめんなさいと先に謝ります。
たまに語りたくなる薀蓄でした。

組ペンダント
こちらは組物のペンダント。
細く薄い板を組紐の技術で組んだ品です。チェーン50cm。
SV925製です。黒仕上げにしてコントラストを楽しむか、このままにするかちょとと悩み中。
変わり江戸八つ又は網代
めっきり組台の前に座る事が多くなった、気ままカフェの成果品。

網代
組紐は、流派(で良いのかな?)によって、同じ組み方でも呼び名が違います。
変わり江戸八つ(かわりえどやつ)または、網代(あじろ)。
私は網代と習ったのですが、最近使っているテキストには変わり江戸八つと書いてある。
どっちでも良いんだけど、変わり江戸八つの方が実態がわかりやすくて良いと思っている。

さてはて。
最近は、変わり糸(途中から染め分けられていて色が変わるやつ)を中心に作成中。
これ、驚いた事に、黒に変わっているのと、薄い黄色に変わっているのが入っているんだけど、薄い黄色さっぱりわからない。
変わっている意味はあるんだろうかこれ。

21本持ち8玉。およそ80cm。太さ3mm。
渋い感じで素敵だと思うけど、黄色が心残り…。
新店舗と己の意味不明な行動
のもの秋葉原
昨日、のもの秋葉原店がオープンだったんですね。
お腹が減ったから何か食べようかと下りたら、新店舗を目にしてついふらふらと迷い込み、美味しそうと思った商品が店舗の入り口にあって、つかんでレジを見て後悔。
並びすぎだろ…。

干し芋とリンゴ
正直、どこまでが並んでる人なのかわからず、明らかに割り込みされたと思うのだが、無駄に内気(笑)なので文句も言えず、しょんぼり干し芋を買ったら、おまけにリンゴをくれたので、浮上するというアップダウンの激しいお買い物をしました。
干し芋美味しいよね。でも、お腹が減ったからつまみながら帰るものとしては失格だったよ。
手がべたべたする…。

とりあえず、最後に心の声を。『欲しいも』と変換するのはやめて欲しいよ、我が愛器(PC)。