FC2ブログ
fx
ついてない日
夕やけ雲
何となくついてない日でした。
やっと出かけようと決意して玄関出たら雨が降って来てやる気を喪失したり。
何とか出かけた先でも、小さな失敗を繰り返したり。
帰ってきて家族で食事に出掛ければ、渋滞に巻き込まれ、目的の店は閉店。
それでも別の店で食事をした帰り道では、お祭りの山車に止められ、踏み切りに引っかかり、通ろうとした道は工事中の連続。
何なの?呪われてんの?
でも、事故などにはあわずに済みましたので、それほど運が悪い訳ではないのかも?

どうでも良いけど、タイトルを変換したら『点いてない火』って出てきた。
そんな小さな事さえ、心のささくれに引っかかるわ!
蝶つなぎ
蝶をつなごう!
レースのブレスが流行っているみたいなので、横につなぐレースを考えよう!と言うキャンペーン期間となっております。
花なら割と楽に出来るんだけど、蝶はバランスが難しいなぁ。
タティングレースは意外と長い直線を作るのが大変なんだと、やってみて痛感。
ちょっとづつ目数を変えてバランスを見ている所。

一番最初に比べると、最後の方は良くなって来た感じですが、だまし絵見てるみたいで、蝶っぽくない気がしてきた。
地金相場情報
地金相場情報
母にたまに「地金相場上がってるって聞くけどどうなの?」と言われるのですが、最近全然動いてないと思いますよ!
書くことが無いほどです!
でも、月に一度は記録を取っておく意味を込めてこの記事にするって決めてるの!
ここ五ヶ月位は、金が4千円台半ば、プラチナが5千円台頭位で安定している感じですね。高値安定嬉しくない…。
しょんぼり感
しょんぼりなヒョウ
人様のお宅の玄関先に置かれている豹。
以前は普通に前を向いていたのですが、最近、ずっと後ろを向いている。
身体をねじっているその様子で後ろを向かれると、しょんぼりしている様にしか見えず、とてもとても気になる。

その近くにゴミ出しとかされると、ついに捨てられちゃうんじゃないだろうかと心底びくびくするので止めて欲しい。
びくびくと言えば、可愛いカメも、一国一城の主になったはずの兄貴も最近行方不明である。
お気に入りが、そっと居なくなっていくのは、とても寂しい…。
工具整備中
道具整備
ある時、突然呼ばれた。
「掃除機持って来て!」
何だろうと思いつつ、掃除機を持って行ったら、研磨用の工具を荒目の研磨盤で調整していた。
余りにも粉が散るから、掃除機を構えて後方から吸え!と言う事らしいです。
そんな訳で、手前の棒が私が差し出している掃除機です。

初めて集塵機になった私です。
空中に飛び散る粉を掃除機で吸うのは意外と難しい事だと知りました。
それでも、頑張ってそっと隠し撮り。
石を削るのも、工具を削るのも、荒く削る場合は同じ道具です。
その下は無い!
犯罪の下が気になる…。
某所で見かけた張り紙。
タイヤの空気抜きが多いらしく、注意喚起の警告文の下に張ってある警視庁のポスターが気になった。

永遠の謎だった…。
「『犯罪』を見逃さない!」ってなってるけど、『犯罪』の部分なんか別の言葉だったんだよね?
上から紙を貼ってるだけだよね?
と近付いてしげしげ見て気が付いた。
コピー元に貼ってあるから、セロテープの跡もそのままにコピーされてるだけで、めくろうにも下は無いと言う事に…。
下の方の団体名から推測するに『万引き』だったんだろうなぁとは思うのだが、わくわく見に行ってすごいがっかりした体験でした(笑)。
初遭遇の双子
双子葡萄
苺ですごい大きな実を見る事は結構多い。
二つくっついたの?と思う様な形の物も見た事がある。
しかし、葡萄でそんな実は初めて見た。

双子葡萄中身
剥いてみる。
確かに実が二つ入っていた。
黄身が二つの卵みたいな物だろうか?
成り立ちが気になる…。
腕が痛い(涙)。
紙バンドのカゴ
組紐・組物学会、本日のテーマは『固い素材で組む』。
紙バンドを使ったかご作り。
組物…、組物か。言われてみるとそうなんですが、カゴって何となく編み物の印象でしたよ。
定義難しい…。

そんな訳で紙バンドに初接触です。
人様が扱っているのは見た事がありますし、固い物だとも聞いていたんですが、金属とは違う意味で固くて扱いにくい素材ですねこれ…。

紙バンドのカゴ側面
猛烈に引っ張ったりしましたが、どうにもいびつで納得出来ない印象。側面上部が特に納まり悪い…。
二個分作れる素材をいただきましたが、二個目作れるかな…。気力が続かない気しかしない…。先生ごめんなさい。

こそっと定義。
織物は経緯(たてよこ)の組み合わせ、組物は斜め構成(経緯の区別はほぼ無し)、編物は一本の糸を縦横無尽に組み合わせて形作る物、と認識しています。
理不尽なイメージ
日暮里夕景
日暮里駅の夕方です。たまに、ものすごく綺麗な風景に出会う事がありますよね。
先日もそうだったんですが、写真の腕が悪いので、そんな風には写らなかった。無念。

ものすごく失礼な話ですが、日暮里周辺には妖怪が住んでそうなイメージがあります。
タヌキの和尚が居そうな感じなんです。
なんとなく。なんでだろう?お寺が多いからだろうか?地図上でしかお寺見ないけど。
ほら、お寺ってあんまり大通り沿いに入口無いから…。認識できないまま通り過ぎてるのよ…。
あの辺、住所で言えば谷中・西日暮里・東日暮里になりますかね。
谷根千と言われてもピンとこないんですが、日暮里駅辺りも含まれるんでしょうか?
渡されても…。
孔雀石球その1
突然、そっと渡される孔雀石(多分)の球体。
直径14mm位。

「穴を開けると、ピアスに出来るよ?」
そんな事を(影)が言う。

孔雀石球その2
ころころ回す。
ころころころころ。
ペアにするのは柄が合わなすぎると思いませんか?右だけはっきりしすぎている感じ。
でも、石はなぁ。同じ柄になることなんて正直ありえないし…。
穴かぁ…。ん?渡されたって事は、その穴、私が開けるのか?
とりあえず、私の物にならないピアス計画については放置して、今できるお仕事を行うのでした。