fx
日本語難しい。
入りきらない…。
夜中に出会った猫。合計で4匹居たんですが、画面に入りきらずに微妙な感じ。
どうせ入らないなら、こんな引いて撮らなきゃ良かったな。正解はこちら

とても面白そうな展示会をやっているとの情報を仕入れて、うきうき見に行ったら、知っている人の展示会でした。
ギャラリーの扉を開けたら「あら、こんにちは来てくれたのね!」って言われて、ものすごくびっくりしました…。
そんな話をして、『縁は異なもの』ってタイトルにしようとして調べてみたら、男女間の縁で使わないといけないものだと初めて知った。
じゃぁ『合縁奇縁』かなぁと思ったら、これも意味が違うようだ。
日本語難しい…。そして、世界は広いようで狭い…。
スポンサーサイト
黒い植物
黒い植物
全体が黒い植物って、ちょっと見たときびっくりする物ですね。
なのに、実だけ赤いとか。可愛いじゃないか…。
よく見ると、黒い実もあるので、成長しきると黒くなるのかもしれない。
良いのか?背景に沈み込む実で…?最後まで赤い方が良くないか?

そう言えば、紫蘇もおんなじ様なものだろうか?
紫蘇って、紫の奴が先にあって、青紫蘇は変種なんだろうか?
名前から考えるとそうとしか思えないのだが、何か不思議。
潔い断言
潔い断言
レターパックを買って、ふと閉じ口を見た。
『「レターパックで現金送れ」はすべて詐欺です。』
ものすごくはっきりと断言なさってますよ、郵便局。
良いのか、郵便局。

でも、まぁ、そもそもレターパックは現金送れない設定ですからね。
現金は入れるなよって立場だから、良いんでしょうね。
『すべて』に力がありますよね。万が一本当に己の子供が請求してきたんだとしても、そんなものは無視しろと…。
…正論だと思います。
『「お金貸して下さい」って言うのが電話で許される訳ないだろ!本人が来て土下座して頼むのがせめてもの前提条件だろ!』
と前に言っていた人が居たのをのを思い出した。うん。正論だと思います。
ホワイトフラックス
白フラックス
最近、銀用に使っているホワイトフラックス。
サンマグと言う有名な酸化防止剤が生産中止になってしまったそうで、代わりに薦められました。
工具と機械、その他もろもろで有名なSEA FORCE製。

フラックス中身
名前通り白いです。つーか、これ、サンマグと違うの?使い勝手も違わない気がするんですが…。
酸化防止剤(フラックス)は、素材によって使い分けた方がロウが流しやすいと思います。
しかし、そんなに大量に使う物でもないので、自分に合う物を探すまでは結構大変かも(笑)。
何の道具?
…何故頭?
人様の庭先にそっと存在する頭。
鼻から下が存在しないから顔って言うより頭だと思う。

ちょっとしたホラーだよね、これ…。
特徴を消すために周囲にモザイクをかけてみたが、この処理必要だっただろうか?
この部分以外は、全く普通のお宅でした。
でも、この道は夜通らないと決意しています。
丸いね確かに…。
「次に石座を作ってもらう石は、丸いから楽だと思うよ」
と(影)に言われていた。

石座作成中
何となく想像していたのは、普通の丸い石(直径1cm程度)だったんですが、渡された石の直径が4cm越えだった時の私の驚愕をわかってもらえるだろうか…。
丸いから楽とかって範囲を超えていると思うの。いや、でも、かくかくしい石よりやりやすいのは確かかもしれぬ…。
お揃い珍しいかな?
緑色だ!
自販機が一並び全部緑色だったので、ちょっとうきっとする。
まぁ、中身はごく普通でございましたけれど。

たまに見るんですが、自動販売機ってメーカーによって色が分かれているのが普通なので、お揃いにするって結構難しいのでは無いかと想像しています。
リンゴ狩った!
リンゴの樹
友人に誘われてリンゴ狩り。
人生初リンゴ狩り。リンゴって、ヘタ(かな?上のツルのところ)を持って上に持ち上げるとぽろっともげるんですね。
初めて知りました。ハサミいらないんだよ!
そして、一本の樹にこんなに沢山なる物なんだね!

収穫したリンゴ
そんなこんなで収穫したリンゴはコンテナ6箱になりまして、沢山もらいました。
リンゴは健康に良いって格言も沢山ある事だし、毎日ちゃんと食べようっと。
違和感しかない
変なカーブミラー
変なカーブミラー

怖すぎる階段
超怖い階段。

この階段については、登って降りました。
上から見た風景はとても楽しかったのですが、誘ってくれた友人には悪いが、二度と登りたくないです。
下りが怖すぎた…。梯子だろ、これ…。

何だろうこいつら。何で普通の顔して観光地に居るんだろう(涙)。
そろそろシーズンです
雪の結晶モチーフ
冬になると沸き起こる、寒いから雪の結晶でも作っとくかと言う衝動。
全く意味がわからない。
タティングレースの話、久しぶりですかね?組紐に執念を燃やしていたんで、あんまりやってなかったかも。
小さい花を量産していますが、まとめて花畑計画が出来るほどの量はまだ出来てません。

そんな訳で出来上がったのが右ので、もうちょっと改造してみようとして失敗した感じがすでに見えているのが左の。
右のは、一発で何の構想もなく適当に作ったら意外と良かったのでちょっとご機嫌。
母に見せたら「だからなんであんたはそこで緑…」とオーバーリアクション気味に言われたので、ご期待に応えて第二弾も緑。
DMC#80です。同じ糸で白も持ってるんですが、だから何だねと冷たく言って終わる。
いつだって、シャトルに巻いてある糸が優先だよ!