FC2ブログ
fx
地金の比重の話
地金比重の話
地金の棒を同じ長さで比較してみようかなと思い、地金の箱をごそごそ。

K18の棒に合わせてSV925の棒を切ろうとして、ふと気付く。
…太さが違う…。
そんな訳で切るのは止めました。
ちょっとした思いつきの為に、K18の地金を伸ばすのは労力の無駄さ!

さて、そんな感じであんまりわかりやすい話にはなりませんが、銀と金の重さの違いを出してみます。
長い銀色の棒がSV925。5×5×70mmで17.09g。
短い方がK18。6×6×25mmで12.45g。

銀の方が細いとは言え、2倍以上の長さがあるのに、重さが比例しないのは比重のせいです。
SV925の比重は10.3位。K18は15.4位。
写真にはありませんが、プラチナはPt950で20.7位。
各比重は割金(わりがね)と言われる要素によってちょっと変わりますけど、大体10・15・20だと考えればOK。
つまり、同じデザインの物を作った時に、プラチナは銀の二倍重くなります。
グラム当たり単価はプラチナが一番高いのに、重量も重くなるからさらにどーんとお高くなる訳です。
迷惑な話です。
スポンサーサイト