FC2ブログ
fx
シンナーで落とす
シンナーで落とす
コーティングを行って、メッキを終えた後はそのコーティングをどうするか。
実は、シンナーにつけて溶かし落とします。
本当に正確なところを主張すると、トリクレンと言う薬品が非常に良いのですが、非常に使い勝手が良いだけに、無茶苦茶に体に悪いらしいです。
気化した物を吸い込むと肺が破けるとかそんな感じの薬品らしく、手に入らなくなったのでシンナーは代用品です。
シンナーも、らりらりする危険な薬品なので段々改良されており、そのため、非常に使い勝手が悪くなっております。綺麗にならないんですよね…。

結局、最終的に綺麗に仕上げる為に、また、ひと手間必要になりますが、やっぱり健康は大事にしたいですよね!
写真の瓶は、コーティング剤専用のシンナーが入っています。だからコーティング剤のピンク色になっています。
無くなった!
果物時計7/14
先日果物時計草と言う植物を紹介した。観察対象としてわくわく見ていると。でも、いつまでも緑だし、これ食べられるようになるんだろうか?と書いていたが、その後無事に色が変わっているのに遭遇。
大興奮する私。

果物時計7/19
そして、楽しい連休を過ごしたら、ほとんど無くなっていたと言う…。
でも、とても有難い事に、家主の方(多分)にお話を伺えまして、ちゃんと食べられる、八百屋で売ってるパッションフルーツになると保障して頂きました。自然にぽろっと落ちたら食べ時なんですって。
恐らく、そのために網がかけてあるんだと思われます。

次は、別のお宅のアケビ観察しようっと。
逆ピンセット
逆ピンセット
ピンセットは基本的に、手を放している時に開いていて、力を入れると先端が閉じる形状です。
それを逆にした、手を放している時に閉じているのが逆ピンセット。
これに台が付いているのは、ロウ付けの時に使うのに、ピンセットが寝ていると熱効率が悪いからだと思います。

逆ピンセット開く
こちらが、握る事で口が開いている状態。
小さい物をロウ付けする時(ワカンの口を閉じる場合等)に、挟まれている状態ならどこにロウを流せばいいかわかりやすいし、ちょっと便利です。
桃祭り~♪
これが桃祭りだ!
そんなこんなで開催される三連休最終日の桃祭り。箱全部桃です。家族とその他お好きな人達が居るため、購入量は半端ない事になります。

そんな桃を連れて、渋滞に巻き込まれておりますことよ。購入先が山梨の桃農家だからね!
現在PAで休憩中。
お家に無事に帰るため、気を引き締めて頑張ります。
家のPCは進化した?
Win10にしてみた
Win8が驚くほど趣味に合わないんだから、10でも良いんじゃない?と悩んだ末にアップデートさせてみた。
また、色んな事を教え込まないといけないのかと思うと、ちょっとへこむ。

何故か反応しなくなったタッチパッドさんを返して…。別にマウス使えば良いんだけど…。
おそらく、再インストールすれば問題なく使えるのだが、このタッチパッドとも相性悪かったし、しばらく放置する所存。
進化したのか、退化したのか、それとも、大過をもたらすのか。まぁ、現状スマホちゃんがいれば、そこそこ問題なく過ごせるんだよね、と言うのが一番の問題かもしれない。
一人すもも祭り
すもも
桃祭り(シーズンに大量に買ってそればっかり食べる事)には付き合ってくれるのだが、すももはあまり好きじゃないと家族に見捨てられ、一人で買っては食べている。
品種によって味の違う食べ物は多いが、すももはそれが如実で、食べていてとても楽しい。
よく熟れた果物が好きだが、そういうのを買うと一度に食べる量が多くて大変。ジャムにするより断然生食派です!

写真はソルダムと菅野中生。菅野さんは非常に落ち着いた甘味で美味なのだが、すももっぽさに欠ける気がする。大石はちょい苦手。熟れきったソルダムは大好きだが、あんまり売ってないよね。皮の緑が目立つうちは、甘みが乗ってないと思うがスーパーにあるのは何時も緑色。美味しいソルダムには出会いにくい気がする。
早生・中生・晩生でどうして最初だけ「せ」と読むのだろうか。謎。
サマーエンジェルも美味しかったが、月光と貴陽を食べるまで、私の祭りは終わらないぜ!
お久しぶりね!
亀
たまに会うんだけど、写真を撮る隙があるのは珍しい亀。
いつも、職員さんと一緒に居るから、カメラ向け難くてね。
ちょっと大きくなったような?と思って前の写真を見直してみたが、特に成長はしていない様だ。
そっか、ぐんぐん大きくなったりしないんだね、亀。まぁ、元気そう(特に動いたりはしていない。色艶が良い様な気がしただけ)だから問題ない。
いつか、ガメラみたいになってくれることをこっそり祈ってる!
普段より脈絡がない、と思ってふと気付く。朝からコーティングをしているんだよ…。異常なテンションが継続中である。

昨日はすごい雨が降ったが、雲の切れ目を移動出来たのであまり問題なかった。今朝は、通勤の途中で大雨にさらされた。たとえ新しい傘を持ってご機嫌で雨を待っていても、あんな大雨の中を歩くのは勘弁して欲しい。
傘の撥水はとても効果が高かったと記録しておく。ついでに自宅の冷房も無事につきました。やっぱり使ってないけど。
へいへーい!
コーティング剤
やる前から既にテンションがおかしい私です。
久々のコーティングですよ。前の記事2013年ですが年単位で全然やってない訳ではありません。しかし、今回久々に数があるので大きな覚悟が必要です…。

メッキを施す物がコンビの地金だったりする場合、メッキを掛けたくない部分に通電しない様に塗っておくのがコーティング剤。
これが、メッキをしたい場所に付いたらいけないし、メッキを避けたい部分にはしっかり塗られていないといけない。それだけでも結構大変な作業なのですが、当然の様に揮発系の良い臭いがする薬品です。
大事に使っているので、ずーっと同じ缶ですよ。たまに、薄め液を入れて固まったりしない様にしています。

この暑い日中に冷房を切って窓を開けて作業をするのか、冷房を入れてらりらりしながら作業するのと、どっちが実害が少ないのかについて真剣に悩んでいます。
小さくしてみた
小さくしてみた
前回ちょっと大きいかなと言ったタティングレースのモチーフをちょっと小さくしてみた。
左の緑が元のパターンで、右側黒が新パターン。
構造をそのままに、きゅっと小さく出来て満足。
ただ、目数が少ないと、ついうっかり2目の所を3目にしてしまい、進んでしまってから解く事が多くて困る。
まぁ、そのうち慣れるだろう…。
いつになったら茶色くなるのか
長い事緑
時計草と言う蔓性植物がある。
何となくだが、鉄線と同じカテゴリーに入れている。蔓性植物で花が派手と言うくくりである。
その時計草が=パッションフラワーであり、パッションフルーツの元である事に気付いたのは割と最近だった。
まぁ、細かい分類は違うらしいけどね。パッションフルーツの和名は果物時計だと知った時の微妙な気持ちは、パッションが情熱ではなく、キリストの受難を意味すると知った時の驚きに勝るとも劣らない…。何かしら驚かせてくれる植物である…。

まぁ、その植物を通勤路で育てておられるお宅があってだね。
相変わらず紫好きだよね、そう言えばパッションフラワーも紫系だよね、と思いつつ見守ってきたのだが、実が付いたとなると私のやる気が変わる。
どの位経ったら、私の知るパッションフルーツ(茶色)になるのだろうか。摘果はするのか、どんな感じに色付くのか確認したいと、毎日その前を通っている。通っているが、ずーっとぴかぴかと緑のままである。
最近、ちょっと飽きてきた…。だから私は、植物を育てない…。