fx
研磨商品登録しました
ラピスラズリ研磨中
先週、新しく姿を現した石達。
ラピスラズリの板が色んな形で登場です。
出来上がった物については、creemaに登録しました。
同じ形でも、一枚ずつ全然印象が違うので不思議な気持ちになります。
昔『石は一期一会だから!これと思う物があったら、その時に連れて帰らないと!』と言われたのを思い出します。
あれ?でも私、デザフェスに持って行く物を頼んだ気がするのに…。

デザフェスは今回から日曜日に出展する事にしました。
なので、11月27日の参加になります。ブースNo.F-21です。
スポンサーサイト
卵白消費菓子
ラングドシャっぽい物
卵白が余った時は、フィナンシェを作っていたのですが、何となく重い物は食べたくなかったので、ラングドシャっぽい物にしてみました。

適当にねりねりして焼いただけで、程々な物が出来て大満足。
でも重さはあんまり変わらない気がする。アーモンドプードル使ってないだけじゃん!結局脂っこい食べ物じゃん!
ついでに、姿があんまり美しくないので、今度はもっと薄く焼く所存。
プリンタ壊れた…
来年の手帳を印刷しようとして、プリンターが壊れた。
多分、母に印刷した時(二か月ちょい前)から、使ってなかったし、ぐれたんだと思うんだ。
最初は『インクカートリッジが故障しています』ってメッセージが出ていただけだった。
この時に、諦めて、新しいインクを買ったら問題なかっただろう。でも、ほとんど使ってないんだよ!
だから、何とかしようと思って、カートリッジを外してレンズブロアーで空気を吹きかけたら、何か飛んでった。
この、何かが飛んだ時点で、私のやる気もかっ飛んだ。
あーぁ。買ったの2014年の1月らしいんですけど。根性が足りなくないですか?!

使う時は集中的に使うのですが、普段はほとんど使わないプリンター。
後継機をどうするか、今心底悩んでいます。
レーザープリンターに憧れているんだけど、そんなもの必要ないと言われればその通りだし、必要な時に印刷設備のある場所に行けば良いんじゃないだろうか。プリンターとインク買うより安そう…。
最悪会社でも出来るし…。私用で使うのは業務上横領ではないかと思ったりしないではないが。
あぁ、来年の手帳と、喪中はがきの印刷はどうしたら良いの…。
頑張って作ったのに!!
ハロウィンの仮装?
何の日なの?!
何度か出した銀座のサンリオショップ。
マイメロディのライバルだっけ、このキャラ。
何でこんな特大の頭巾を被っているの?ハロウィン?まさか、そういう位置付けなの、このキャラ!
顔が二個になっているよ!目の下にある赤い点は何?!それ、前からあった?!
と色々な嵐を心の中に吹き荒らしつつ、特に何もせずに去る。

良く考えてみると、このショップ内に足を踏み入れた事が無い…。
エレカラの話その2
エレカラとの戦い
エレカラの話』で書いていますが、直流60Vが必要とされるカラーバリエーション豊富なメッキがエレカラです。
これを、ボルトスライダーの交流電流(電圧?)でなんとかならないかと、たまに思い出したように実験する私です。
だって、新しい物を買わないで済むなら、その方が良いじゃない?
家にボルトスライダーがある人はそうは居ない気がするので、役に立つ情報ではないかもしれませんけど…。

さて、今回は、ワニグチクリップにはさんで本体(直径12mmの真鍮製ボビン)を吊るすフックをちょっと太めの真鍮フック(写真上部)にしてみました。通電が良くなると良いな~と思いつつ実験です。
60Vで安定しないならちょっと上げて90Vで!とやったら、意外と綺麗に色が付きました。
前回はあんまりうまくいかなかったのに、何故でしょう?液温とかも関係するのかもしれません。
後は、気泡が付かない様に出来るだけ液体の中で振ると良いみたい。でも、これ、結構危険です。ショートの危険があります。

定着については、上の二つがヒートガンで、下の物はオーブントースター。
ヒートガンは熱くし過ぎると色が抜けてしまうみたいで、いきなり急速に色あせしてびっくり。そこまで行かなかった物も、多少焦げっぽいかな?
オーブントースターは、温度調整出来る機種なので、150℃に設定して15分程。
色を付けた時より、少し薄くなった気がしますが、割と綺麗に染まりました。これなら、商品として出せるかも!

最後になりますが、これから挑戦される方に、どの装置を買うべきか聞かれたら、絶対に専用機器を買う様にお薦めします。
その方が無駄な手間と危険がないですから。この記録は、あくまでも個人的な遊びの範疇です。
その穴は何?
何故穴があるのか
最近、通勤路から工事現場が無くなりました。
荒川区に移転してから、通勤路で工事している現場が無い状況になったのは初めてかも。それほど工事の多い街ですよ、この辺。
東京都のハザードマップで危ない地のトップ10入りしてる筈さ…。

そんな、通勤路の中で、取り壊された建物の跡地を見て愕然とする。
何故、そこに、穴があるの…?
奥の方の塀の、左から5列目にある、唐突に開いた穴がわかりますか?
どうして一個だけぽこっとないの?途中で壊れたの?最初からないの?
ひょっとしたら、現実世界でブロック崩しに挑戦できるかもしれないの!?気になる!
余りにも気になるので、一定以上の距離に近付かない事にしています。
うっかりヒビでも見つけた日には、つついてしまう気がするの…。
手だけですか…。
パノラマ写真
パノラマ写真に失敗すると、不思議な感じの写真が撮れる事があるらしいと話したら、(影)に「俺の周囲を回って!」と依頼された。
決して、失敗の写真を撮ろうとした訳ではない。
だが、出来上がった写真は、完全なる心霊写真であった。
頭、どこやったんだよ…。髪の毛黒いのに真っ白じゃねぇか!

そして、右端は速度が合わなかったらしく、黒いまま残っております。
パノラマ写真って難しいんですね…。
岩絵の具、なのか?

玄関先に置いてある、大物の石を切るための機械
水を大量に掛け、石と機械を冷やしつつ切断する道具。
当然、石の粉が水と共に流されるのですが、比重の問題なのか、一時的に水を溜める部分に石の粉が沢山溜まる事になります。
最近、びすびす切っていたのがラピスラズリの為、現在は真っ青。
しばらく前から、これは岩絵の具と呼ばれる、日本画の絵の具の材料になるのでは?と疑問が沸き起こっている。

残念ながら日本画をやっている知り合いが居ないので、岩絵の具の詳しい情報の手に入れ方も良くわからない状況なのだが、適当に小瓶に入れて『キセキのかけら』シリーズとして売れるのではあるまいか…?
しかし、これ、どうやって集めれば良いのかしら…?刷毛?箒?
やりすぎ注意!
カリン
カリンってさ、ものすごく実をつけるけど、本当に大丈夫?って言いたくなる木だよね。
見る度に不安になるんだ。

そして、午前中と午後で違うところにふらふら遊びに行った私も、大丈夫?って気持ちでいっぱいさ!
でも、井上先生展示会に行ったら、珍しい方にお会いしたりして満足な週末でございました。
そして、寝る私。
ツキ板見本
『木と暮しのふれあい展』のため、木場に行ってきました。
こちらは、なんと無料配布していたツキ板の見本。B5位の大きさです。全19種類(確か)の中から、好きなのだけもらってきました。右から黒檀・ブビンガ・タモ・マホガニー・スギだったと思います。好きなのとか言ってる割に適当な説明だ(笑)。
ツキ板とは、うすーく切った板の事です。木目の綺麗な部分を1㎜以下の厚みにして、別の材の表面に貼ったりして使うそうです。
天然材だけに、綺麗な木目と木肌が楽しめて見飽きません。

そして、材木を沢山買い込み、カートを引いてよろよろ帰ってきて倒れて寝る私なのでした。
大丈夫。ちょっと体力が尽きただけだから…。
黒檀の素敵な板があって、欲しかったんだけど、黒檀を切れる道具があるかと言われると無理!と思って泣く泣く諦めた。
ひょっとして、会社の石を切る道具で切れるんじゃなかろうか。でもなぁ、とごろごろしながら微妙な後悔に襲われている…。