fx
赤ければ良いのか?
何故混ぜた
リンゴは万能だと私も思っている。
別に、壊滅的な味ではないだろう。
でも、何故混ぜたの、リンゴとトマト…。
スポンサーサイト
沈む月と星
テンプレートを作ろう
月と星をモチーフにした商品がある。それ用のテンプレートがもちろんある。
あるのだが、ある日、行方知れずになっていた。
上司は気軽に「年末の大掃除で捨てたんじゃない?」と言い、2階の作業場のテンプレート入れを探すも見つからず、3階のありそうな場所を探したりしてみたものの、見当たらない。
それでは作るかと、金属板を切り出して、9割方出来た時に1階から呼び出しをかけられた。そっと発見したテンプレートを差し出す上司に何で1階だよ!ここでこれ使わないだろ!!と怒りをあらわにしつつも(1階は主に上司の作業場です)、発見はありがたい。
やっぱり微妙なズレとか出るからね。
しかし、せっかく作ったのがもったいないから、これもばっちり使える様にするぜ!と熱意を燃やしてみる。
羽織の紐を組みました
やり過ぎ注意
ぼちぼち作っていた紐の制作と仕上げで一日が終わった。
足し房(房を華やかに見せるために糸を足すこと)やりすぎかなぁって状態になったけど大丈夫かしら?
糸が余ったので、根付けでもつけると良いよとおまけも組んでみた。
羽織紐は江戸八つ、根付けの紐は網代にしてみました。

湯のしと切断は今日は止めよう。もう疲れた…。
指もまだ痛い…。
全部襖が悪い
こいつの犯行です
部屋の入り口に襖があります。
最近ひどく動きが悪いと思っていたのですが、いくら何でもおかしいだろうと外して掃除したら針金が挟まっていました。
滑らない訳だよ。

するりと動く襖に満足して後ろ手に閉めたら、勢いよく動いた襖に手を挟まれまして、右手の中指が昨日からずっと痛い。しくしくめそめそ。
力加減がうまく行かず、部屋を出入りする度に、胸元で手を握ってお祈りポーズを取っています。誰にも助けてもらえない大問題…。週末で治ってくれると良いなぁ。
ミニチュアガチャにて
ミニミシン
手芸ガチャ第三弾。どうしても欲しかったミシンを手に入れるべく追加で二個買ったよ!
ミシンは何とかなったけど、残念ながらトルソーちゃんは出なかった…。
ハサミ被った!と嘆いていたらいそいそ母が鞄に付けてくれた。活用されて嬉しい限り。
でも、お母様、残念ながらそのハサミは閉じないの、無理すると壊れるから止めて…。

獲ったり!
何でどうしても欲しかったのかと言えば、母のミシンと同タイプだったからです。
残念ながら、うちのミシンは置く場所が無いので台を外してあり、パッと見違う感じですがどうですかこの達成感!
やり遂げた後は、特にする事も無いが、可愛いは正義!と唱えて満足の極み。
新しいのに…。
袖が!
半日磨き仕事で大バフの前に居て、昼ご飯を食べる為に、手を洗っていて気付いた。
袖が汚れている!
おろしたてなのに!
何で新しく買った白い服を職場に着て来たんだと考えたら、ただの自己責任ですね…。寒かったんだもん。
上に着ている灰色のは、エプロン代わりの作業着。
新しい服の袖は作業着より長かったらしい。作業着を着る意味を無くさない様に、今後気を付けよう。
電池入れを発見
電池入れ場
時計の電池を入れ替えて、無事に普通の日付と時刻を表示してくれるようになったのだが、電池をどこに捨てれば…。
と思っていたら、入れ物を発見した。
単一電池を入れ替えた記憶は遠い彼方。ガスレンジの着火用ですね。一体いつからこの箱ここにあるんだろう?と考えつつ上から入れておく。そのうち捨てよう。
まぁ、良いけど。
もらいもの
今日、上司がくれたお菓子。
これ、美味しいよね。大好きだよ。でも、でもさ、一応言っておかないといけない事があるんだ。
私「申し上げたき儀がございます」
(影)「知ってる」
私「知ってたか~なら良いです」
一日位なら別に良いのはわかってるけどね。美味しかったよ。作った人は期限内に食べて欲しいと思っているんだろうなぁとは思うけど。
お腹減ってる?
時計混乱する
朝、ふと壁に掛けてある電波時計に目をやった。
ら、すごい、日付がからまわっていた。ずーっと進んでいく日付。
慌てて電波の入りやすそうな窓辺に持って行ったらどんどん進むのは止まったんですが、ついに、平成38年を迎えてしまいました。
どうしたの?疲れてるの?と問いかけても現状が改善する訳も無く、理由を考えていて恐ろしい可能性に気付いた。
お腹が減っているんだね!いつから使っているかも思い出せないこの時計の、電池を交換した記憶が無いんですよ。根性あるな。

ちょっと調べていたら、2009年にエアタンクと一緒に買ったらしいと発覚した。根性あるな。
え?本当に?壁掛け時計の電池って、8年も保つものなんですか?
忘却の彼方
羽織紐
母の友人から、羽織紐を作れないか?とのお話を頂き、気軽に「作ったことあるし大丈夫!」と答えたのだが意外と大丈夫じゃなかった…。
昔の資料に色々書いてあるが、欲しい情報が無かったので涙する。当時の私は何を考えて、この部分を書き漏らしたんだろう…。
結局のところ、一本に何cmの糸が何本いるんだよー!
仕方ないので作ってみたのが灰色のやつ。
紺が昔組んだ物で、茶色が市販品。
上の物は糸の量が少なくて途中で止めた。
下ので何とか組める量と長さを確認したので、本番をやらなくては。