fx
サイズ直しがしにくい物
サイズ直し
Pt900とK18を組み合わせている異素材組み合わせのリングのサイズ直し中。
こういったコンビのリングは、一般にサイズ直しを断られる事が多いです。
簡単に言うと、融点の高い方(プラチナ)をロウ付けしようとすると、融点の低い方(金)の地金が熔けてしまうからです。
その上、連続模様が入っている物は、模様がうまく合わないという問題が発生する場合が多いので、これも難しい要因になります。

ですが、地金の融点の問題はレーザーを使えば解消できます。
レーザーは、あまり熱を発生させないので、火にかけられない場合にも対応しやすい機械です。

模様については、多少違和感は出るかもしれませんが、可能な限り近い形に加工いたします。
写真は新しく入れた地金に、模様を施しているところ。
4番延ばしのため、新しい部分が長く調整しやすかったので助かりました。
これを磨いて、両脇のK18部分を付けて完成となります。

サイズ直しを断られやすい物としては、他にシルバーの物があります。
フクリン留め、彫留め等、技術的に指輪を損なわずに石を外せない物については、特に難しいです。
シルバーは非常に熱伝導率の良い金属で、熱に強い石であっても、石をはめたままではロウ付けができません。
レーザーでシルバーを加工する事も不可能ではないのですが、レーザーに負荷をかける可能性が高いため、その分料金がお高くなっていますので、本体の価格と修理の価格が同じくらいになってしまいかねません。
それでも、思い入れがある物については、やる場合もありますが、あまり見かけません。
お手持ちの物をそんな目で見直してみても、面白いのではないでしょうか?

最後になりましたが、ブログへの写真の掲載を快諾して下さったK様ありがとうございます。
スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック