fx
アメシスト原石
アメシスト原石
原石を久しぶりに。
アメシスト~♪と思って出してみたら、一石アメトリンがありますね。
変換が『飴とリン』なんですが、何を表現したいんだお前はとパソコンに言ってしまう(笑)。

アメトリン
こちらがアメトリン。前列真ん中にあった物ですが、わかりましたか?
写真だとわかりにくいかもしれませんが、影を見ると一部黄色いのがわかるかと。

アメシストとシトリンが一つの石になっている物です。
アメシストもシトリンも水晶(クォーツ)の仲間。
紫色をアメシスト(または紫水晶)、黄色をシトリン(または黄水晶)と呼びます。
アメシストはギリシア語で『酔わない』という単語から、シトリンはシトロン(柑橘系果物)から名前が来ているらしいとのこと。
アメシストは酔い止めのお守りとして有名ですが、こんなところに由来があるんですね。

ここまで書いて、このブログの過去記事検索してみたら、アメシストとシトリンの記事がありました。
この並びが好きなのか、私?
スポンサーサイト
コメント
石の名前の由来って面白いですね~!
私とっても車酔いするので、アメシスト今度どこかで見つけたら買ってみよう☆
2013/01/10(Thu) 18:32 | URL | バル | 【編集
バルさんへ
神話に基づく物も、歴史に基づく物もあってさまざまですよ。
アメシストは、割と不幸な女性の名前の神話もあります。乗り物もありますが、お酒に酔わないお守りってイメージが強いですかね。
効果のほどはちょっとあれですが(笑)。

車酔いは本当につらいですよね。私も車苦手です。
2013/01/11(Fri) 08:57 | URL | 風樹 | 【編集
はじめまして、 思わすコメントです。アメジストとシトリン、だから一緒にうられてるんですねぇ あまりにタイムリーだったので。 いつも楽しく拝読してます。 
2013/01/11(Fri) 15:26 | URL | Nao | 【編集
Naoさんへ
コメントありがとうございます。

同じ種類の違う色の石が箱に入って一セットなんて販売の仕方もありますから、そういう感じでしょうか?
いつも一緒に売ってる訳ではなく、売り主さんの気分によったりして(笑)。
2013/01/11(Fri) 18:24 | URL | 風樹 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック