FC2ブログ
fx
やり直しの紐
ディスクの紐
綾竹の紐を一人気ままカフェにて進めておりました。
ふと、緯糸の片方が終わってしまったんです。
片方はまだ1m程度残っているのに、片方は15cm何でこんなことになったんだ!何を間違えた!?
最初の設定の時に間違えたのか?これは流石にどうしようもないな。
と思いつつ、とりあえず解く事にしました。
解く気は無かったんだけどなぁ…。

そんな事で、延々解き続け、途中で恐ろしい事が分りました。
緯糸と経糸が入れ違っている…。
ここまではっきりした構造の紐で、経緯を間違える日がこようとは!!

やっぱりガタガタ
結局、途中まで解いたんだからと最初からやり直しましてこんな感じです。
まっすぐにしてみるとガタガタなのは同じなんですが、それでも、最初の状態よりはずっとマシなんですよね。
平紐は難しいです。
現在、経糸は残っているんですが、緯糸が無くなったので、経糸分だけで組める紐をここから組み進めるかどうか検討中。
スポンサーサイト
コメント
この色合いかっこいいなぁ!シルバーが効いてる!!

風樹さんでも平紐は難しいんですね。。ABCDのとこにかけて使う横糸(緯糸?)の引っ張り加減が難しくて。。。

(この引っ張り具合で平紐の幅が決まるのかしら?)

そして糸のを巻いてあるドーナツ型のは何者ですか?!とても巻きやすそうで良いなぁw
2013/07/24(Wed) 16:20 | URL | バル | 【編集
バルさんへ
講習会でキットになってたから、色合いは私の範疇じゃないんですけどね(笑)。

経糸・緯糸は何故かこの字を使いますね。習慣みたいな物だと思って下さい。
この紐に関しては、完全にここの引っ張り具合が幅になりますが、経緯が別れていないタイプだと、上下の入れ替えの時にも前の段の糸を引っ張ってしまうので、その辺も考慮が必要になりますよ。難しい…。

ドーナツ型はイージーボビン(easybobbinだと思います)と言う外国の糸巻らしく、講習会で買ったのでどこで売ってるものなのか不明です。
連結も出来るし、巻きやすいし、好きなところで止まっててくれるし、非常に便利なんですよ!
2013/07/24(Wed) 18:32 | URL | 風樹 | 【編集
経度、緯度と同じ読み方でいいのかな?
地球儀ですね。面白い。古風な呼び方ってことなのかしら。。

イージーボビン、いいなぁ~!厚紙に巻いていると、結構絡まります。解いていると、糸が引き締まってしまって幅が変わる・・・道具って大切ですね。
ネットで探してみようかな。。
2013/07/25(Thu) 11:40 | URL | バル | 【編集
バルさんへ
あ、その経緯(けいい)です。
でも、糸が付く場合には『経糸(たていと)』・『緯糸(よこいと)』と読みますよ。

厚紙でからまるのは私も結構やりました。
とにかく、一回一回必ず糸を整理するように心がけるしかないですよね。
あんまり長くしない事も大事かな。
イージーボビンは、アメリカの手芸ネットショップで売ってるって話ですがよくわかりません(汗)。
2013/07/25(Thu) 13:10 | URL | 風樹 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック