fx
説明の意思はある
うむさっぱりわからん!
タティングレースで、基本として通る道のリングの花。
これの、最後のつなぎ方に失敗して諦めるという人が結構多い。
私の友人でも、あっさり諦めてしまいやがった人(失礼)も居れば、そうではなく「頑張っているのだがわからない」とけなげにも言ってくれる人も居るので「何回聞いても良いから、わかるまで諦めないで欲しい」と伝えているが、聞くたびに本気で申し訳なさそうなので、教本を作ってみんとて写真を撮ってみた。
一番説明したい部分の一枚。
わかりやすいように大きいシャトルと太い糸(ここまで太いと紐だよね!)を使っています。

しかし、清々しいほどさっぱりわからないな!
これで理解してくれる気がしないよ!
自分で一番わかりやすい方法を解説しようとは思うのだが、静止画って本当に難しいですよね。
動画だからって簡単な訳ではないものまた難しいところ。
やはり、会うたびに聞いてもらうのが一番私にとっては楽そうです(笑)。

写真の手つきの解説は、興味の無い人には理解不能だと思うので、畳んで続きに入れておきます。
リングを作る際、左手の指はリングの中に入っています。
写真は最後のリングをつなげる部分。
左手の形は出来るだけ変えずに、リングを回してリングの根元部分を親指と人差し指でつまみます。
その時に、最初のリングのつなげたいピコットをリングの糸の上に乗せます。
(この状態が写真。リングの根元より少し先を持っています)

そのままリングの糸を引き出し、シャトルを通します。
その後、おもむろに手をリングから抜き、今つないだピコットの向こう側(リングの根元側)から糸を引き上げます。
この時、本体の向きを変えずに、今もっている方向の上側に向けて糸を引き上げるのがポイント。

やはりわからない
そして、引き上げた輪の中に手を入れて続きを結う訳ですよ…。
わからないなりに説明をしてみたよ。
言葉をつくしたけど、伝わるかどうかは不明。本を買え本を(身も蓋もねぇ)。
これを解説書に落とし込むのがどれ程大変かと思ったらさぁ…。テキスト作ってる人って本当にすごいよね。
スポンサーサイト
コメント
あー これは関所ですよね。
難しく考えると余計にこんがらがって頭に入って来ない。
リングのお花は中心がくっついているから、余計にカラクリが見えにくいんだと思います。
ドーナツ状に作って最後にくっつけるところを見てもらったらどうかしら…
ひっくり返してピコに繋ぐ部分が見やすいと、
カラクリもスっと頭に入ると思うんですが(^^;)

何回でも説明してくれる風樹さん、
タティングの伝道師と仰がせてください(^0^)
2014/02/02(Sun) 12:53 | URL | QP | 【編集
QPさんへ
テキストとかによくある折るって言うのも理解できないと意味不明なんですよね。
やり方がわかるとあの方法は合理的なんですが、まずわかってもらわないと(^_^;)

ドーナツ状もいいですね!考えてみます。
伝道が出来れば良いんだけど。まだまだ修行が足りません(笑)。
2014/02/02(Sun) 16:53 | URL | 風樹 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック