fx
全力で突っ込んだ
刻印詐称
先日、仕事をしていたら、隣の席から力強い悲鳴が聞こえた。
「うぉう!」とかそういうの。
「何事ですか?」
めったに無い(影)の、本気で驚いた声に驚く私。
「SILVERとPt900打ち間違えた…」
「うわ、無いわ~!」
その後、消して打ち直してましたが、そんな間抜けな間違いをする自分以外の人に初めて遭遇した…。

写真は説明のため、真鍮の切れっ端に打ってみた刻印各種。
ちょっと見にくいかもしれませんが『SILVER・SV・K18・Pt900・K18WG』の5種類打ってみました。
SILVERとSVはシルバーの製品に使われる刻印。この刻印だと、品位(シルバーの量)ははっきりしません。
昔、700(銀含有量70%)位なら、SILVERを打って良いと聞いた気がするのですが、根拠になる資料を発見できなかったので保留。
ただ、日本においては925(STERLING SILVERとも呼ぶ・銀含入量92.5%)か950(銀含有量95%)に使われているみたいです。当社では925の地金を使用しております。

他は、違う品位の物に使うのは御法度。K14のリングにK18の刻印打って売ろうもんなら後ろに手が回りますよ。詐欺で。
この板も、会社外には出せません(笑)。
スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック