fx
サイズ棒と芯金
サイズ棒と芯金
話には出してるけど、単品で写真を撮った事が無い気がするサイズ棒と芯金。リーマーの所で出しているサイズ棒とは違う個体ですが用途は同じです。どちらも、リングを通して使う物です。ゆるく角度が付いているので、サイズによって止まる場所が違います。

上がサイズ棒、下が芯金です。サイズ棒はアルミで芯金は鉄だと思います。
重さが違いますし、強度も違います。
何故違いがあるのかと言えば、用途が違うからです。

サイズ棒一部拡大
サイズ棒はサイズを測るための物なので、棒にサイズが書いてあります。
表面が綺麗だと、リングに傷が付きにくいので大事に使うべきものですが、表面が荒れたからって削る訳にはいかない困ったちゃんです。
芯金は、作りかけのリングを通して綺麗な丸に整えたりと言う加工時に使います。
出来るだけ、芯金本体は叩かない様に使うべきですが、ちょっとなら衝撃を与えても変形したりしない心強い棒です。芯金で整えて、サイズ棒でサイズを確認しつつ、作業を進める事になります。
簡易的には芯金にマジックでサイズを書き込む場合もあります。
スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック