fx
胡散臭い電話
会社にかかってくるセールスの電話は、ずいぶん少なくなりました。
やっぱり「晴れてるから(雨だから)担当者は不在」とか言い続けていたことが功を奏したのであろうか。
でも、たまにかかってくる。何故か私が名指しされ、(影)が私を呼ぶ。
おい、いま電話取り次いだそいつ、我が社の最高権力者だぞ、とか言いたくなるんですけど、ぐっと黙る訳ですよ。
一生懸命なセールストークを聞きながら、ネットに『名乗った社名+詐欺』と入れると、色んな情報が出てくるので、それを見ながらぼんやり過ごします。たまにすごくイカした突っ込みがある情報に当たって、聞き流しながら笑いそうになるけど。
でも、決してそんな事は悟られずに穏便に断らないと、今の世の中何が起きるか分からないよね!と思うのだが、セールスの穏便な断り方ってどんなのだろう?
やっぱり「雨で気分が乗らないので契約出来ません」とかかな?晴れの日にかけてきたからって気は乗らないけど。

あ、本当にあるんだね!!
そんな中、父が街でもらってきたらしきチラシを発見。
これも詐欺か!と電話番号を調べてみたら、普通に警視庁が出てきて愕然。
もうちょっと、ほら、せめてピーポー君を入れてもらったりすると、疑い率が軽減されるかな、とか…。
どうだろう…。やっぱり疑うだろうな、私。
スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック