fx
ローラー使い方
圧延ロール使い方
話に出したり使い方を説明したりは何度かしているのですが、割と使う道具なので、ちょっと詳しく説明してみようかと写真を撮ってみました。

写真①は調整用のハンドルで、③部分の幅が変わります。写真では真鍮の板が挟まっています。
圧延ロール横から
③部を横から見てみる。真鍮の板が挟まっている部分の横に、隙間があるのがわかるでしょうか?
二つの円柱が横になっているので、その間に延ばしたい金属を通します。

使い方としては、①で幅(③)の調整をしたら、②のハンドルを回して金属板を手前から奥に向かって動かします。
これを、何回も幅を少しずつ狭くしながら行う事で、段々と薄くしていく訳です。
地金をなましながら、少しずつやって行かないと、割れたり・変な形になったりする上、意外に力も居る作業です。
頑張った挙句に、必要な厚みより薄くしてしまった時のがっかり感はものすごいので、その辺には特に注意が必要です。
スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック