fx
湯のし後
湯のし後
羽織の紐の湯のしをしたらこうなる。
湯のしは、蒸気で糸をまっすぐにする作業です。
前回の写真と比べると、すごく綺麗になっているのがわかると思います。
ここから、綺麗に揃えて不要な部分を切断します。
房は5cm位にすると良いとされていますが、もったいなくて大抵長めに切ってしまう。
残念ながら、びすっと綺麗には切れないんだよなぁ。糸って逃げるから。良いハサミと腕が必要なんだと思います。

この後何とか切断も行い、無事にお届けしました。
喜んでもらえたそうで良かったです。
スポンサーサイト
コメント
こんにちは(^0^)
遅レスごめんなさい。

あのモサモサがこんなに落ち着くなんて、びっくりです。
もしかしてポンポンになるのかと思ってたもので…
房の切り口は糸が逃げないように紙で巻くとやりやすいですよ(^_-)-☆
もう使われてるかもですが。
タッセルの作り方でよく出てくるテクです。
刺繍糸レベルでキレイに揃ったけど、絹糸だとどうかしら(^^;)
2017/02/09(Thu) 14:55 | URL | QP | 【編集
QPさんへ
ご助言ありがとうございます!
紙も巻いてるんですけど、逃げるんですよねぇ…。
紙がゆるいとは思えないんですけど、いつも、一房ハサミから逃げていくんです。何でだ!?

そして、ポンポンになるかと思われるほどでしたか…。やっぱりちょっとやり過ぎだったかしら?
2017/02/09(Thu) 19:37 | URL | 風樹 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック