FC2ブログ
fx
アクアマリン原石
アクアマリン
アクアマリンは和名を藍玉(らんぎょく)と呼ばれるべリルグループの一つで、3月の誕生石です。
6月に入ったところなのに、パール(真珠・6月の誕生石)では無く季節に逆行するのは、性格がひねてるからだと思っていただければ…。

ベリルグループで有名どころはエメラルドと、このアクアマリンではないでしょうか。
美しい海の色からその名が取られたこの石は、船乗りのお守りとしても有名です。
また、キャッツアイ(猫の目の様な線)やスター(六条の線が星型に交わる)が出るものもあります。
宝石品質の大きな石が取れやすい事でも知られています。

何で藍玉なのでしょうか。和名は謎が多いです。
藍の名を関するならラピスラズリやサファイアの方が良いような?
ちなみに、ラピスは瑠璃・サファイアは青玉と呼ばれます。
スポンサーサイト



コメント
魅力的です!
風樹さんこんにちは^^

アクアの原石ってとっても魅力的ですよね!
私もヒマラヤ産のアクアの原石をその見事な色に魅かれて購入してしまいました。
すぐお嫁に出ましたが^^;

なんで藍玉って言うんでしょうね?
私も調べてみようと思います。

2010/06/01(Tue) 14:42 | URL | swing☆ | 【編集
私のはもっと濁ってて母岩に埋まってます。。。

少し前からモルガナイトなんかも人気ありますよね。

アクアマリンは色見の深い物がやはり良いですね~

何故、藍玉なのかには全く答えられませんね(汗
2010/06/01(Tue) 16:37 | URL | クーリエ | 【編集
相互リンク貼りました
アクアマリンの原石は、綺麗ですね。美しい海のような色ですね。相互リンク貼りました。これからも、よろしくお願いします。
2010/06/01(Tue) 18:35 | URL | shortcake11 | 【編集
swing☆さんへ
こんばんは

アクアマリンの色は本当に綺麗ですよね!!
和名は綺麗な名前だけど、何故?って物が多いですよね。
いつ誰がつけたものなのか、たまに気になります。
わかったら是非教えてくださいね。
2010/06/01(Tue) 19:05 | URL | 風樹 | 【編集
クーリエさんへ
ベリル系はやっぱり人気がありますよね。
どれも綺麗ですし。

和名の由来は、たまに気になっては放っておくと言う事を繰り返しております(笑)。
2010/06/01(Tue) 19:08 | URL | 風樹 | 【編集
shortcake11さんへ
アクアマリンは、原石の状態でわかりやすく綺麗ですよね。
原石で持っておられる方も大勢いらっしゃると思います。
実は、私も持ってます(笑)。

リンクありがとうございます。
こちらこそ宜しくお願いいたします。
2010/06/01(Tue) 19:10 | URL | 風樹 | 【編集
こんばんは。
原石 私がまだ駆け出しだった頃・・・ 
クライアントの奥様が『原石は磨けば光るのだから 頑張りなさい』と 
素晴らしく褒めていただいた事を急に思い出しました。
でも褒めすぎです 社交辞令にしてもやはり褒めすぎです。
2010/06/01(Tue) 23:08 | URL | ryo | 【編集
アクアマリン
美しいですよね。
エレラルドより好きかもしれません。あの遠慮がちなブルーの色が何ともいえず惹かれます。
仕事でブラジルに行った時、初めて見た宝石でした。
原石はこんなふうなのですね・・・

勉強になりました。ありがとうございます。
2010/06/02(Wed) 01:27 | URL | 美雨 | 【編集
ryoさんへ
おはようございます。
素敵なお話ですね。
私も例えられてみたいです。でも、面と向かって言われたら恥ずかしいかもしれませんね(笑)。
2010/06/02(Wed) 09:28 | URL | 風樹 | 【編集
美雨さんへ
私はあまり海外に行った事がないのですが、原産国で見る宝石は美しいものが豊富にありそうですよね。
素敵な経験があるのが、羨ましいです。

こちらこそありがとうございます。
2010/06/02(Wed) 09:30 | URL | 風樹 | 【編集
こんちは
風樹さんこんちは!
だいたいこういう和名は中国語から
輸入されていると思っていたので調べてみましたよ。

そしたらやはり藍玉はやはり海藍宝石(ハイランバオシー)
と書くんですね。藍は同じですが、海がつくので
分かりやすいです。中国語では青は緑の意味もある
そうです。だからサファイアは藍石かな?

ダイヤモンドは金剛石で和名と同じでした。
宝石は宝石(バオシー)ですし、水晶も水晶、
韓国語だとスジョンと言うそうです。(似てますね)

エメラルドは緑石ですがヒスイは翠玉でした。

聖徳太子の時代から中国が知識・教養・文化の
発信源だったからなんでしょうね。
現在の自分達には和名ってなんだか不思議で
おもしろいですね!長くなってすみませんでした!
2010/06/02(Wed) 12:32 | URL | kenji | 【編集
kenjiさんへ
こんにちは。
なるほど、文化と共に中国から伝来して今に残っているんですね。
色々な石について調べて下さってありがとうございます。
とても参考になります。
2010/06/02(Wed) 18:44 | URL | 風樹 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック