FC2ブログ
fx
組台紹介
丸台 丸台の紐

組紐。日本伝統工芸の一種にもかかわらず、あんまり一般に知られてない気がするもの。
高校生位の時に『組紐ジュエリー』と言う本を見て憧れ、自分で作った台がこれ。
一言で言うと、真ん中に穴あけた小椅子。
組紐に興味がある方には一番一般的な台だと思います。
丸台(まるだい)と呼ばれ、幅広く色々な紐が組める台です。
丸い上面の中心にある穴の下に、組みあがった紐が出来ます。
右の写真が台の下を撮ったもの。途中で柄が変わっているのは、気まぐれにやってるから(笑)。

角台 角台の紐
こちらが角台(かくだい)。組紐を習いに行った時に、最初に習った台です。
撚りをかけて組む為、出来上がりの見栄えが整えやすいです。
こちらは、組みあがった紐は上に出来ます。その為、確認しやすいのも初心者にやらせる理由かもしれません。

他にも綾竹台(あやたけだい)、高台(たかだい)と言う台があります。部屋に。
台の種類はもっとたくさんあるのですが、専門的な人ならともかく、趣味でやる人は、この4種類を持っていたら十分です。
こんな物が部屋にあるから片付かないんだと思います。
これも写真を撮ろうかと思ったのですが、何せ馬鹿でかいので、部屋の様子が入らないように撮る事が出来ずに断念。その内載せるかもしれません。
角台もね、シーツかけた位じゃごまかし効かなかったけどね。だから、一部切れてます。笑って許してください。
スポンサーサイト



コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック