FC2ブログ
fx
組紐糸始末
組紐糸始末 組紐糸始末
昨日、組紐の糸始末について、ちょろっと触れたのを少し追加しておきます。
紐は、組みあがりは左の写真の様に、クセがついてふにゃふにゃな状態になります。
左の写真は、ほつれ止めに同色糸で縛った状態です。

この状態では、房を切る事ができないので『ゆのし』を行います。
やかん等に少し水を入れてわかし、蒸気に当てる事で真っ直ぐに整えるのが『ゆのし』。
やかんが無い場合には、鍋や電気ポットの蒸気でも出来ます。
この工程を終えた直後が、右の写真です。

火を使う場合には、長くたらした部分が焦げない様に、火に近づけ過ぎないように気をつけないといけません。実は、この紐は先の方を焦がしました…。大丈夫、切る部分だから…。
水分を含んで少し整ってきたと思ったら、指や木櫛などを通してより滑らかに整えます。
これは、仕舞いっぱなしにしてしまってぼさぼさになった帯締めの房にも使えますので、非常の際にはやってみると良いかも。
正絹以外でやった事ないので、化繊の帯締めに関しては保障しません!ご注意を。
もし、行う際には、火傷には十分注意して下さい。火傷しなかったとしても、蒸気に手を近づけるので相当熱いですから、覚悟の上でどうぞ(笑)。

組紐糸始末
そして、綺麗に整ったところで、必要とされる長さに切断します。
よく切れるはさみを使って、丁寧に切りましょう。
房は長くても5cm位が一般的だと思います。長い状態で一度切ってみて、気に入らなければ少しずつ揃える事も可能です。
こんな感じで仕上げています。
たまには真面目な話のみと思ったのですが、昨日のスリッパについて補足。
その後、見る度に場所を変え、階段上のあちこちに置いてありました。
3回目に遭遇した時に、とても腹がたった(何故かは不明)ので、なぎ払って二階の踊り場に捨ててしまいました。
そうしたら、完全にスリッパ履かなくなっちゃった。
いや、別に私、喧嘩を売ったんじゃなかったのよ?
しかし、上司が裸足だからって、痛痒を感じないのでそのままにしてあります。
私は別に悪くないと思うんだ!
スポンサーサイト



コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/08/07(Sat) 02:35 |  |  | 【編集
そういえば
お近くなのですよね、たしか。(影さんか風樹さんのどちらかはわかりませんが。笑)

>1時間かけて来たものの花火の時間が10分程度で、しかも屋台で食べる物が無く、近所の店でカレーを食べた切ない思い出となりました。そう言えば、食べ物の屋台がほとんど無いな

これ悲しいですね、確かに。誘ったほうがやるせないですね。(苦笑)
でも、そんなお祭りってこの武蔵野地域にあったかな??貫井神社さんは9月だし・・う~ん、どこだろう。

それから、マルゼンでは失礼致しました。
わたし、日本橋のあのマルゼンこそ本店だと勘違いしていたので、最近絵描きさんのお友達から本店はヤエスのほうに移転したのよ、と聞いて少なからず寂しさを覚えていたのです。昔デートスポットだったこともあり・・・(=^・^=)
でも、無くなっていなくて、よかった~~
彼女にも教えてあげなければ・・・あそこ、いろんな意味で結構な穴場ですよね。

2010/08/08(Sun) 03:00 | URL | 美雨 | 【編集
美雨さんへ
あ、それ、風樹の方です!
具体的な場所は一応伏せますが(笑)、駅からすぐのグランドを借りてやる商店街主催のお祭りみたいです。
毎年八月の頭にやってるはずなんですが、何せ、基本は盆踊りなので、地域の住民以外知らない方は多いかと。
私の中で、お祭りと言えばそれだったので、大学に入って友人の地元のお祭りのにぎやかさに目を見張った事があります。食べ物の屋台って、カキ氷と焼き鳥だけじゃないんだね、と…。

丸善ですが、どうやら、本店と名乗っている場所が変わったと言う事らしいです。
確かに日本橋のあそこが本店でしたよね。今ではただの日本橋店になっていますが、それ以外は余り変わってないと思います。
ギャラリーもまだ健在です。でも、レイアウトはずいぶん変わりましたよ。
私は今でも、珍しくて良い物を探す時にはあそこに行きます。
すごく欲しいけど、必要はないし、何より手が出ない…。と言う物が、いつ見に行ってもあるのがものすごく好きです(笑)。
素敵なデートコースですね!日本橋お買い物めぐりとかなさっている姿を想像してしまいました。
2010/08/08(Sun) 12:20 | URL | 風樹 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック