FC2ブログ
fx
ロウ誘導棒
誘導棒
ただ『誘導棒』と呼ぶと、交通整理の人々が持っている赤く光る棒を指すようですので、特に『ロウ』をつけて呼びます。
個人的には『ロウ流れ誘導棒』って呼んでるかな?これはたぶん造語です。

ロウとは、金属を付ける際に使う、融点を低くした金属です。
K18ロウは、K18と同じ品位ですが割金(わりがね。純金に混ぜる金属を指す)が違うので、普通の地金より低い温度で熔けます。
そのため、本体を熔かすことなく、付けたい部分を接合する事が出来ます。

そのロウを自分の望む所に導くための棒です。
この棒自体には、ロウが付き難くなっているので、熔けたロウを突付く事ができます。
また、この棒に軽く付けて、ロウを運んだりもします。
ピンセットでロウを挟んで運ぶより、確実に思ったところに置けます。

最初のうちは、棒自体が熔けたり(そのせいでやたら短いのがある)、ロウが棒に付いたりしてすごく使いにくいと思っていたんですが、今ではなくてはならない存在です。
スポンサーサイト



コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック