FC2ブログ
fx
クリソプレーズ
クリソプレーズ
クリソプレーズ。緑玉髄(りょくぎょくずい)です。

綺麗な緑色で、カーネリアンと同じく色を和名の頭に付けられています。
この色を見ると、その理由もわかるってもんですよね。
玉髄という名称からもわかるように、これもまたクォーツ類です。
半透明のアップルグリーン色が愛されて、同種の石の中で価値の高い石だそうです。

また、太陽光や高温で褪色する性質があるそうです。
取り扱いの際には、気をつけておかないといけない点ですね。

ギリシャ語で『金(chrysos)』と『西洋ねぎ(prason)』が語源とあるのですが、ねぎは葉の色としても、金は何に関係するんだろうか…?

110×60×45mmで361.18gの大きいのと45×20×20mmで27.27gの小さいのの二つセット。
なんとなく、小さい方がアップルグリーンという表現にふさわしい感じの、さわやかな色に見えます。
気になって聞いてみたら、違う石から取ったものとの事。
石の個性は色々あって面白いものです。
スポンサーサイト



コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック