FC2ブログ
fx
渦潮
タティングレース
今まで見たタティングのテキストの中で、一番好きだと思っている割に、何度編んでもばっちりと思えないパターン『渦潮』。オリムパスエミーグランデ使用。
『続・タッチングレースとビーズタッチング〈応用篇〉』生田 光子 (著) より、だと思う。応用編が出てこないのは何故かしら?!持ち歩き用の編み図のコピーだけ出てきたの…。


なんとなく間違っているような気もしないでもないが、たぶんあっていると思う…。
ほとんどチェーンで構成されているので、芯糸の引き具合一つでだいぶ感じが変わるから気をつけてみると良い、とお教室で先生に言われたので、参考にして全体的にゆるめにと思いつつやったら、前にやったときの1.5倍位のサイズになり、びっくりしました。
直径14cm。前の時は確かコースターサイズだった気がする…。

タティングレース
Lizbethの80番使用ではこんな感じです。直径7cm。
どちらも、やっている途中でものすごくうねった感じになるものの、最後まで行くと、ほぼ平面になりました。
ちょっと満足。このうずうず感がたまらなく好きです。
スポンサーサイト



コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック