FC2ブログ
fx
ラウンドブリリアントその2
パビリオン側の研磨に入ります。
今まで下にしていた方向を上に付け直して磨き始めますが、クラウン側にあるカット面と合わせないといけないので、面をつける場所には十分な注意が必要です。

ラウンドカット手順
まずはパビリオン・メイン・ファセットを作ります。
前述のように、クラウンのファセットとぴったりあう位置を見極めて、全体を八等分にします。
結局ここでも必要なのは勘。

ラウンドカット手順
次にパビリオン・ガードル・ファセットを作ります。
パビリオン・メイン・ファセットをガードル部分を半分に、頂点までの長さも約半分にします。
パビリオン側の面はこれで終了です。
最後に磨きます。これもクラウン側と同じく、カットした順番に磨いていきます。

ラウンドカット手順
全ての面を作り、磨き終わったところ。
全体的に白っぽかったのが、クリアな面になっているのがわかります。
ガードルとキューレット(パビリオンの頂点のとがったところに小さく取る面)は、割れの防止の為に面取りをする部分。
社長の場合、キューレットはあまり作らないそうです。ガードルはさっと面を作る程度。基本的には磨かない様です。

ラウンドカット手順
磨き終わった状態で上から見た写真。
これらの工程を経て、よく見るラウンドブリリアントカットの出来上がりです。
今回のラウンドブリリアントカット見本は、直径13.5mmの水晶(社長作成)です。
No.17まであると言ったわりに写真が少ないのは、磨きの工程は写真ではほとんどわからないので割愛したためです。

さて、最後に社長から一言。
「研磨はとても面白いけれど、自分でやるより買ったほうが良いと思う」
ここまで引っ張って、それでしめちゃうんだ…。
スポンサーサイト



コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック